主にガンプラ等の旧キットを
素組でレビューしてるブログです
一覧はこちらから→ 玩具レビュー一覧
Twitterやってます!
フォローして下さいお願いしますなんでも(ry

手取り13万だけどFDとか玩具とか

ガンプラ旧キットの素組とか玩具レビューとか趣味雑多です

1/100 HG V2アサルトガンダム

はい、久々の旧キットレビュー
今回は来月にHGUCも発売されることになるV2ガンダムの1/100アサルト仕様の
旧キットをレビューしたいと思います


1/100のVは変形まで再現されてた意欲的なキットでしたが後継機のV2はどうでしょうか
ってことでご紹介〜


まずはパッケージ

今のHGUCとかをちょっと厚くしたサイズですね、またデザインも今のHGとかとあまり変わりません
お値段税抜き1800円なので当時の平均よりはちょっとお高め


ランナーです
10枚以上と当時としてはかなり多めのパーツ数
色分けもメッキパーツ合わせると全部で7色使ってます
それでもシール分多めかも
シールはメッキ調になってますね、リアリスティックデカールのはしりかも

さらに懐かしのシステムインジェクション仕様・・・塗装しないなら楽なんですがねぇ

でも、こうやってランナーだけみると結構気合の入ったキットだと感じますね



説明書は細長い冊子タイプです


組立はスナップフィットなので今のキットと変わりません
ってことで完成!


組立時間は2時間30ぐらいでした
この時代のキットにしてはかなりパーツ細かめですね
プロポーションはちょっと頭が大きいような気もしますが、今の目で見ても全然通用するものだと思います
色分けもシステムインジェクションのおかげもあってか中々



付属武装です
アサルトライフルとシールド


V2の通常ビームライフルも付属します



武装類はこんな感じで伸縮やら可動が可能になってます
ただビームサーベルやシールド系のクリアパーツは一切無し・・・
ここはマイナスポイントですかね


続いて可動範囲


肩はここまで
あまり上がりません


肘は70度ぐらいですかね
こちらもほとんど動きません


膝と脚の前後可動はこんな感じ
こちらもあまり広くないですね
脚の前後は動くことは動くんですが腰の中央部が思いっきり干渉しちゃいます


開脚と接地はこんな感じ
時代を考えると悪くはないですが今の目だとキツイです
ちなみに腰は変形の代償で非可動になってます・・・・むぅ

代償となった変形ギミックを

早速変形させてみましょう

恐ろしい数の余剰パーツ

早くMGの発売が待たれますな


変形というか組み換え・・・
早くMGの(ry


まずコアファイター
コクピットはクリアパーツになってます

続いてトップファイター

腕は結構きちんと変形してますな

最後にボトムファイター

脚はVより大分簡略化された変形ですね

それぞれプロポーションはいいですな
ただVと違ってコアファイターが別に付属してないので
それぞれ一緒に飾ることができません

そのへんVはよく出来てたんですがねぇ
このぐらい複雑な変形になると仕方ないのかもしれませんね



可動自体はやっぱ時代なりですかね


あんまり動かなそうですがぶんどど

やっぱり動かない・・・
せめて腰が動けばなぁ
まぁこの時代にしてはプロポーションはいいんでやはり素立ちで飾っとくのがベストかもしれません


つーことでV2アサルトガンダムでした
可動範囲や変形ギミックはちょっと時代を感じる出来ですが
プロポーションや色分けは今見ても結構イイ出来だと思います
値段も安いんでHGUC発売前に一体どうでしょうか?

・・・ただV2アサルトバスターにするには別途V2バスターを買わなければいけないんですよね
バンダイ商法はこの頃から・・・っていう時代も感じることができますなw



おまけ

V2アサルトからV2へもコンパチ可能です
シールドやサーベル類のクリアパーツのみ排除されちゃってるみたいですが



恒例の同サイズ比較


しかし相変わらずカメラがうまく扱えなくて画像が酷い・・・
勉強しなきゃですな、つーか前のカメラの方がましな気が

以前のレビュー品はこちら


気になる旧キットがあったらこちらから過去記事検索できます