Twitterやってます!
更新情報頻繁に呟きますのでフォローして下さいお願いしますなんでも(ry

主にガンプラ等の旧キットを
無塗装合わせ目消し無の完全素組で
レビューしてるブログです
一覧はこちらから→ 玩具レビュー一覧
当ブログはリンクフリーです
気軽にシェアして下さい
むしろ拡散希望w

手取り13万だけどFDとか玩具とか

ガンプラ旧キットの素組とか玩具レビューとか趣味雑多です

1/144 HG ガンダムマーク2

HGだけどコイツも旧キットで良いですよね?

答えは聞いてない!

f:id:nagano07:20191117172641j:plain

ってことでHGUCですら二回もキット化されているガンダムマーク2の昔のHGキットのレビューをしたいと思いますw

f:id:nagano07:20191020123424j:plain

f:id:nagano07:20191020123442j:plain

f:id:nagano07:20191020123452j:plain

f:id:nagano07:20191020123500j:plain

まずはパッケージ

色々とボコボコなのは気にしないように

黒地ベースに金色ポイントの基本的なデザインラインはこの時期から現代まで変わってないんですね~

お値段は税抜きで1000円、今の基準で考えると安いほうですが

当時としては144キットで1000円は結構高級なキットな部類だったと思います

 

f:id:nagano07:20191020123529j:plain

高級ブランドの証、中敷きがあります

こういうの初期MGにもついてて結構好きだったんですけど、軒並み無くなってますよね

コスト考えるとやっぱ無駄だから仕方無いか

 

f:id:nagano07:20191020123819j:plain

f:id:nagano07:20191020123848j:plain

ランナーです

多色成型ランナーとシステムインジェクションによる色分けがされたランナーがそれぞれ一枚ずつあります、シールも少なめで色分けは期待できそう

せっかくなんで今回はシール無しで組みたいと思います

 

f:id:nagano07:20191020123913j:plain

f:id:nagano07:20191020123925j:plain

システムインジェクション部を拡大するとこんな感じ

今見ても凄い技術ですよね~、ただ塗装は逆にし辛くなるという罠が・・・

自分みたいにパチ組みしかしない人にはいいんですが、人によっては玩具っぽさが強調されちゃって嫌って人もいるかも

 

f:id:nagano07:20191020123954j:plain

そして関節部

MSジョイント2です、これはRGでも使われてる技術のはしりですね

 

f:id:nagano07:20191020123555j:plain

f:id:nagano07:20191020123604j:plain

説明書

高級ブランドらしく説明書は冊子タイプ

f:id:nagano07:20191020123732j:plain

f:id:nagano07:20191020123749j:plain

昔の高級キットはこういう解説も拘ってましたよね

読み物としても中々優秀

MGの機体解説も復活してくれないかな

 

 

組み立ては接着不要のスナップフィットなので今のキットと全く同じように

説明書どおりに組むだけで完成です

f:id:nagano07:20191117172503j:plain

f:id:nagano07:20191117172516j:plain

f:id:nagano07:20191117172525j:plain

f:id:nagano07:20191117172537j:plain

f:id:nagano07:20191117172641j:plain

ってことで完成~

組立時間は1時間ちょいでした

システムインジェクションで一体化しているパーツが多いので、組み立て自体は凄く簡単です、というか今のHGUCよりパーツ数少ないんじゃないでしょうか

プロポーションはマッシブでいい感じだと思います、マーク2らしさが出ているというか

また色分けもシール無しでも十分すぎるぐらい

センサー部のクリアグリーンとか、HGUCより優秀な箇所も

ただ合わせ目は時代なりですw

 

f:id:nagano07:20191117172815j:plain

付属品

基本的な武装ですね

f:id:nagano07:20191117172841j:plain

ビームライフルのフォアグリップが可動するぐらいで他にギミックはありません

ライフルとバズーカには専用の握り手が付属していますが、右手のみなので左手には構えられないという欠点が

 

続いて可動範囲

f:id:nagano07:20191117172924j:plain

f:id:nagano07:20191117172936j:plain

コクピットハッチが開閉

 

f:id:nagano07:20191117173012j:plain

f:id:nagano07:20191117173031j:plain

肩の開きはこのぐらい・・・狭い・・・

昔はHGでもこのぐらいだったんですね~

首は回転と上下方向のみに可動

 

f:id:nagano07:20191117173101j:plain

基部は普通に回転できます

 

f:id:nagano07:20191117173117j:plain

f:id:nagano07:20191117173127j:plain

肘は90度いかないぐらい

ここも時代を感じますね

 

f:id:nagano07:20191117173143j:plain

また関節のジョイントがカバーとかも無く丸見えになっちゃっています

 

f:id:nagano07:20191117173210j:plain

f:id:nagano07:20191117173221j:plain

手首はボールジョイント

ここは結構可動範囲広いです

 

f:id:nagano07:20191117173346j:plain

f:id:nagano07:20191117173408j:plain

開脚と接地はこのぐらい

平成シリーズの平均ぐらい・・・かな

またシステムインジェクションの関係からか腰の回転ギミックはありません

腰が回るのが標準になったのって意外に後のほうだったんですね

 

f:id:nagano07:20191117173447j:plain

足首や膝関節はこのぐらいまで可動

これは時代考えても優秀かも

 

全体的に見ると可動はそこまで優秀かもじゃないですが

とりあえず ぶんどど!

 

f:id:nagano07:20191117173714j:plain

f:id:nagano07:20191117173646j:plain

f:id:nagano07:20191117173608j:plain

f:id:nagano07:20191117174010j:plain

f:id:nagano07:20191117173824j:plain

f:id:nagano07:20191117174103j:plain

f:id:nagano07:20191117174201j:plain

f:id:nagano07:20191117174349j:plain

f:id:nagano07:20191117174432j:plain

f:id:nagano07:20191117174524j:plain

可動範囲微妙かと思ってましたが実際動かすと普通にポージングできます

当時としてはかなり優秀だったのでは

というかカッコイイ・・・

 

 

f:id:nagano07:20191117172641j:plain

ってことで1/144 HG ガンダムマーク2 でした~

システムインジェクション、MSジョイント、多色成型など

技術の展覧会って言ってもいいぐらい当時もてる技術を突っ込んで作られた気合の入ったキットだと思います

流石に今の目でみると、うん?ってところも多少はありますが、そこはご愛嬌w

個人的にはかなり気に入ったキットです、気になる方は絶版にならないうちに是非!(そもそも再販されてないのってほぼほぼ絶版みたいなもんだよね・・・

 

以前のレビュー品はこちら

気になる旧キットがあったらこちらから過去記事検索できます