1/100 ジーキャノン

再販で手に入ったんで久々に旧キットレビューいきます!

f:id:nagano07:20180311192938j:plain

今回レビューするのはこちら
F91シリーズから1/100スケールのジーキャノンになります、G-キャノンじゃなくて

カタカナ表記なのは意味があるんでしょうかね?

閑話休題F91シリーズは良キットが多いので非常に楽しみです

早速見ていきましょう~

パッケージ

f:id:nagano07:20180304190526j:plain

f:id:nagano07:20180304190543j:plain

f:id:nagano07:20180304190554j:plain

昔のパケ絵ってめっちゃカッコイイですよね

お値段は税抜きで800円、1/100スケールとしてはお安めかな

ただシリーズ的に小型MSに入るので実質は1/144モデルと大きさは大差ないかもです

 

f:id:nagano07:20180304190646j:plain

f:id:nagano07:20180304190722j:plain

ランナーです

もともとの配色的にも地味な機体なんですが、意外にも多色成型ランナーが使用されています、PCが他のランナーと一緒に成型されてるのって最近じゃ見かけないですよね

この辺も旧キットの面白い部分

成型色は4色でシールも細かいのが多いので、色分もそこそこ期待できそうです

シールの他に水転写デカールも付属、サービスパーツですね、今回も例に漏れず上手に貼る自信がないんで貼らずにレビューしたいと思いますw

 

f:id:nagano07:20180304190754j:plain

f:id:nagano07:20180304190817j:plain

説明書はこんな感じでした

機体解説が割りと細かく書いてあります。。。8.7tってメッチャ軽かったんですね~

 

組み立て自体はスナップフィットなので

今のキットと同じように接着剤不要で完成します

 

ってことで完成

f:id:nagano07:20180311192724j:plain

f:id:nagano07:20180311192738j:plain

f:id:nagano07:20180311192731j:plain

f:id:nagano07:20180311192744j:plain

f:id:nagano07:20180311192938j:plain

組立時間は1時間20分ぐらいでした、当時としてはかなり組み易いレベルのキットだと思います

プロポーションはキャノンタイプらしくマッシブで良い感じです

今のキットには無い重厚感がありますよね、色分も成型色とシールで素組みでも十分通用するものになっています、カメラアイのクリアパーツとかも効果的

ただ個人的にちょっと不満だったのが足の甲のパーツ分けするんだったら腰やコクピット部分も赤でパーツ分割してくれれば尚よかったかも

まぁシールでも十分ソレっぽく見えるんですが

 

f:id:nagano07:20180311192807j:plain

f:id:nagano07:20180311192803j:plain

何気に細かい所の造形もしっかりしています

足のスラスターは可動可能

 

f:id:nagano07:20180311192823j:plain

f:id:nagano07:20180311192832j:plain

特徴的なキャノン砲は上下可動可能

何気に廃熱?部分が合わせ目目立たないようなパーツ分割なんですよね

f:id:nagano07:20180311193404j:plain

あと脹脛部分のハードポイントは何故か取り外しが可能になってました

ポリキャップ接続なんで、ここに何か拡張させる予定があったのかな

 

f:id:nagano07:20180311192446j:plain

付属品・・・手持ち武器とかは特になく

キャノン砲を外したとき用のカバーパーツのみが付属します

 

f:id:nagano07:20180311192504j:plain

f:id:nagano07:20180311192508j:plain

f:id:nagano07:20180311192516j:plain

f:id:nagano07:20180311192539j:plain

キャノン砲を外すとこんな感じ

これはこれでカッコイイですね~

 

 

続いて可動範囲

f:id:nagano07:20180311192548j:plain

キャノン砲を外した状態では首はここまで動きます

f:id:nagano07:20180311192845j:plain

f:id:nagano07:20180311192854j:plain

キャノン砲つけるとこんな感じ
動かないことは無いんですがアンテナ部分が干渉しちゃって嫌な感じのストレスがかかってそうです

 

f:id:nagano07:20180311193005j:plain

f:id:nagano07:20180311193019j:plain

肩の開きはこのぐらい


f:id:nagano07:20180311193028j:plain

f:id:nagano07:20180311193036j:plain

肘はほぼ90度ですね

 

f:id:nagano07:20180311193053j:plain

肘は肘関節とロール軸が共通ポリな平成シリーズ仕様の可動です

可動はそこそこ優秀ですがポリキャップがそのままなのがちょっと残念かな

 

f:id:nagano07:20180311193152j:plain

f:id:nagano07:20180311193141j:plain

腰は途中のブロックで可動する珍しい仕様

大きくは動きませんが表情付けには十分使えますね

 

f:id:nagano07:20180311193224j:plain

f:id:nagano07:20180311193246j:plain

開脚と接地はこんな感じ

時代を考えるとかなり優秀な部類に入ります

 

f:id:nagano07:20180311193329j:plain

膝や足首の前後はこんな感じ

こっちもかなり優秀でした

 

可動自体は時代を考えるとどれも優秀な部類に入るキットだと思います

 

ぶんどど!

f:id:nagano07:20180311193818j:plain

f:id:nagano07:20180311193759j:plain

f:id:nagano07:20180311194002j:plain

f:id:nagano07:20180311194030j:plain

f:id:nagano07:20180311193447j:plain

f:id:nagano07:20180311193522j:plain

f:id:nagano07:20180311193557j:plain

f:id:nagano07:20180311193634j:plain

f:id:nagano07:20180311193711j:plain

今まで地味機体とか思っててスミマセンでした

いや、本当にカッコイイです

もうちょい配色がヒロイックなら十分主役をはれる機体かとw

 

f:id:nagano07:20180311192539j:plain

ということで 1/100 ジーキャノン でした

F91シリーズのキットらしく非常に良い出来のキットだと思います

色分け、プロポーションともに今見ても十分通用しますし、可動自体も時代を考えれば優秀

地味だからスルーしちゃったって人にも是非手にとってもらいたい良キットだと思います、マジで組んで弄ると評価が変わるキットだと思うんで、気になった方は是非!

 

以前のレビュー品はこちら