1/144 S-ガンダム


本日の旧キットレビューはガンダムセンチネルより
主人公機体 1/144 S-ガンダム です
なにげにセンチネルシリーズはレビューはじめてなんですね

ということでシリーズ全体でのプラモの出来は分からないので
主役機体であるコイツがどんな感じか非常に楽しみです

早速見ていきましょう


まずはパッケージ




縦長な感じですね
旧キットってやっぱパッケージがカッコイイ
なんかCGには無い良さがありますよね

お値段は税抜き1000円
当時の144キットとしては高めになるのかと思いますが
機体サイズを考えれば妥当なところですかね





ランナーです
パーツはかなり細かめ

多色成型で6色も使ってるため色分けも期待できそうです
関節もポリキャップ仕様で殆ど今のキットと変わらないですね





説明書です
劇中設定等が書かれてます、小説作品ってことでTVシリーズとかの作品とかより細かい気がしますね


このキットはスナップフィットなんで今のキットと同じように作ればOKです

ということで完成




組み立て時間は1時間程度でした
プロポーションは今見ても十分通用するぐらいカッコイイ
独特のシルエットを上手く再現してます

色分けも成型色とシールで十分です、細かいところだけ塗ってあげれば今のキットと並べても
そう違和感無いんじゃないでしょうか

ただ、流石に変形機構はオミットされてます
まぁこれはHGでも不可能だったから仕方ないですよね

それでも





可変機体ってことを思わせる部分は可動可能になってます


武装です


スマートガンとサーベルが付属


腰に接続する部分はある程度可動可能です



そして気になる可動範囲


首はここまでは左右に振れます



肩はここまで
アーマーのデザイン上どうしても干渉してしまいます


肘は90度ぐらい


また腕のロールは今のキットと同じく上腕ごと動きます
ここは結構優秀ですね

続いて下半身


開脚と接地はこのぐらい
こっちは時代なりですかね
残念ながら腰は固定です



膝はこのぐらい
全体的に可動範囲はそこまで広くないですね
プロポーション優先にしたのかな


それでもぶんどど









流石にスマートガンを上手く両手で構えるのは厳しいですね
設定無視で腰から外せば多少は誤魔化せますが

しかし可動範囲がアレだったんであんまり期待してなかったんですが
やばい・・・普通にカッコイイぞコレ



ということで
1/144 Sガンダム でした
時代ゆえの可動範囲は仕方無いですが
その他の部分は今見ても十分通用するクオリティのキットだと思います

税抜き1000円と当時のキットにしてはお高めですが、値段分の満足度はあるキットだと思うんで
オススメです、正直HG要らないんじゃないかと・・・



おまけ

Gアーマー組んでから当時のBBが作りたくなって
たまたま見つけた一品


まだ組んで無いんですがw
3百円キットの癖に色分けも期待できそう
そしてなによりEx-SとBstも再現できるという豪勢っぷり
やっぱ当時のBB戦士は気合の入れ方が違いますねw

以前のレビュー品はこちら