1/144 ザク強行偵察型

アルファベットで書くとZAKU RECON


ということで本日は最近再販されたMSVシリーズより
ザク強行偵察型をレビューしたいと思います

最初の画像から何か下向きな感じですが・・w
キット自体はどんな感じか早速見ていきましょう


まずはパッケージ




MSVは箱絵が素敵ですよね
お値段は税抜きで500円と当時の144にしてはちょっと高めなのかな



ランナーです
パーツ割は結構単純ですね
ただ一部にはプロトタイプドム同様鋳造表現の梨地加工されてる箇所もありました
当時の流行ですかね

成型色は青1色のみ、頑張って塗装しましょう




説明書はMSVシリーズらしく結構細かい解説が書かれています


このキットは接着が必要です
その他は今のキットと同じように説明書どおり組めば完成





ってことで完成〜
組み立て時間は1時間ちょいでした
プロポーションはどうなんでしょう・・いかにも昔のキットのザクって感じで今の子には受けない感じですね
色分はまぁランナー時点で察してましたが潔い単色です


付属品〜

替えの手首とカメラガンだけです・・・値段の割りにちょっと寂しめかも


可動範囲



なんとこのキット、偵察型のくせにして顔が動かなかったりしますw
変わりにモノアイにあたる部分が上下左右に可動
144キットで上下左右はこのキットが初めてなんじゃないでしょうか
ただ保持力を調整してから組まないと、ずっと虚空を見つめるか、常に下を見つめるしか無くなってしまうので
注意してください・・というか自分のはそうなりましたw



肩の開きはここまで



肩は前後可動も可能



肘はここまで
上半身は当時のキットの平均的な可動範囲って感じがしますね


つづいて下半身


開脚と接地はこんな感じ
ここも時代なりかな


膝や足の前後はこんな感じ・・・ここは時代考えても動かないほうだと思います
膝とか曲がってる気がしない・・・



とりあえずぶんどど








カメラ構えてポージングしてもなぁ・・・
そしてモノアイの保持力のせいで目線がw



ということで 1/144 ザク強行偵察型 でした〜
モノアイの可動ギミックは当時としては良く考えられてると思いました
ただ、このキットで良いと思ったのはそこぐらいで
他はなんというか・・・無難なキットって感じですね
可動は時代なりで特に変わったギミックもみられませんし
可も無く不可も無く

個人的には値段の割りに付属品がちょっと少ないのが残念かな
ボリューム的にマインレイヤーのほうがお買い得な気がしちゃいます
あっちは武器無いんですが、カメラも武器じゃないしw


以前のレビュー品はこちら