1/144 ガンダムヘビーアームズ レビュー

 最近MGでEW版がでたヘビーアームズの旧キットをレビュー
昔は1/100キット無かったんですよねヘビーアームズ

今回も素組みレビューいきます



パッケージです、お値段税込525円、サイズは当時の標準的なものになってます



説明書は三面開き
微妙に劇中設定なんかがかいてあります



ランナーです、ポリキャップはWの144シリーズ共通品
ランナー数はポリキャップ除いて三枚、多色成形で全部で5色も使ってます
これで500円は安いよなぁ

シールはかなり少なめです
パーツ数は当時の144キットの標準かな



組み立てはスナップフィットなんで
30分ぐらいでぱっぱと完成します

プロポーションはかなり良い部類に入ります
色分けも成形色だけで十分見れます


可動範囲


肘は90度ぐらいですね、肩はデザイン的に干渉するところまでしか開けません



開脚は平均レベルかな
膝は二重関節なんですが、設計ミスとしか思えないぐらい動きません
ファーストシリーズと同レベル程度の可動域



腰アーマーは軸可動、両方一緒に動いちゃいます
腰の回転は干渉しちゃってあまり動きません

下半身の可動範囲はもうちょっと頑張ってくれればよかったかな
劇中じゃかなりアクロバティックに動いてたから


ブンドド

各部のアーマーは展開可能、ただし色が足りなくなりますw

ビームガトリングは手首を外して装着、基本的に左側にしか装着できません

無理やり右に装着することもできますが

アーミーナイフは差し替え無で展開可能

重火器系機体はギミック豊富でいじってて楽しいですね




ってことで旧キット1/144 ガンダムヘビーアームズのレビューでした

劇中ギミック再現度や色分けは非常に高いレベルにあるキットだと思います
ただ可動範囲はもうちょっと頑張ってほしかったけど

値段考えると非常にお勧めです



おまけ

似たようなコンセプトの機体と

ヘビーアームズが重火器系ガンダムの始祖みたいなもんなんですよね

以前のレビュー品はこちら