スーパーミニプラ 大獣神

1億数千万年前の恐竜時代から、今蘇る伝説の戦士たち!f:id:nagano07:20170326204854j:plain

ということで我が家にも スーパーミニプラ 大獣神 が到着したので

未来へのファンタジーを紹介したいと思います

f:id:nagano07:20170324201327j:plain

f:id:nagano07:20170324201347j:plain

まずはパッケージ

最近のミニプラと同じで番号が違うだけで共通デザイン

 

f:id:nagano07:20170324201432j:plain

横にはスペックが

 

f:id:nagano07:20170324201648j:plain

上側のデザインはこんな感じ

全5種類でそれぞれの守護獣がラインナップ

お値段は税抜き950円・・・・正直かなりお高めです

対象年齢は15才以上・・・まぁ元が遠い昔の戦隊ですし

 

f:id:nagano07:20170324201559j:plain

ちなみに値段はお高めですが最新のミニプラの箱サイズと比較するとほぼ同サイズ

 

1、守護獣ティラノザウルス

f:id:nagano07:20170324204100j:plain

f:id:nagano07:20170324204111j:plain

説明書は箱裏ではなく、神・・・ならぬ紙に印刷されていました

f:id:nagano07:20170324203926j:plain

ランナーです

組み立てはタッチゲートじゃなく普通のプラモなので工具必須です

気をつけましょう、素材はABSかな

f:id:nagano07:20170324204004j:plain

大獣神の顔の部分は初めから塗装済み・・・ここはありがたいですね

 

f:id:nagano07:20170326232945j:plain

f:id:nagano07:20170326232953j:plain

成型色とシールでこんな感じに色分けされます

プロポーションは当時の着ぐるみよりちょっと細めかな

f:id:nagano07:20170326233013j:plain

ギミックの都合上か口が開閉出来ないのが残念ですが

他の部分は結構自由に可動します

 

 

2、守護獣ジュウマンモス

f:id:nagano07:20170324204302j:plain

f:id:nagano07:20170324204310j:plain

f:id:nagano07:20170324204407j:plain

ラインナップの中では一番パーツ多めです、成型色は4色でこちらは塗装箇所は無し

f:id:nagano07:20170326233131j:plain

f:id:nagano07:20170326233136j:plain

ちっこくて可愛いw

f:id:nagano07:20170326233148j:plain

f:id:nagano07:20170326233153j:plain

鼻の付け根がボールジョイントで可動します

 

3、守護獣トリケラトプス

f:id:nagano07:20170324204542j:plain

f:id:nagano07:20170324204534j:plain

f:id:nagano07:20170324204623j:plain

ランナーです、成型色は4色

f:id:nagano07:20170324204643j:plain

角部分が一部塗装済みとなっています

 

f:id:nagano07:20170326233303j:plain

f:id:nagano07:20170326233311j:plain

劇中プロップそっくりのトリケラさんに

 

f:id:nagano07:20170326233342j:plain

コロ走行可能なように車輪がついています

 

f:id:nagano07:20170326233320j:plain

f:id:nagano07:20170326233331j:plain

可動は変形関節の首が動くぐらい・・・口ぐらい開閉して欲しかったかも

f:id:nagano07:20170326233402j:plain

角は外せるけどチェーンが付けれそうな箇所は無かったですw

 

4、守護獣サーベルタイガー

f:id:nagano07:20170324204736j:plain

f:id:nagano07:20170324204742j:plain

f:id:nagano07:20170324204825j:plain

成型色は三色で比較的シンプルなパーツ構成

 

f:id:nagano07:20170326233437j:plain

f:id:nagano07:20170326233445j:plain

プロポーションはかなりいいです

ただ後ろ脚のタイヤは片方がダミー・・・正直ここは普通にパーツ再現でよかったんでは

 

f:id:nagano07:20170326233503j:plain

f:id:nagano07:20170326233536j:plain

可動は四肢が動くのと変形関節の首が上がるぐらい

そしてコイツも口が開けない!

口開きながら疾走してたイメージしかないからコレはちょっといただけないですね

今後があるとしたら改善を切望します

 

最後に

5、守護獣 プテラノドン

f:id:nagano07:20170324204926j:plain

f:id:nagano07:20170324204936j:plain

f:id:nagano07:20170324205031j:plain

恐ろしくシンプルなパーツ構成

なんというか・・・・これ一体だと割高感が半端無いかとw

 

f:id:nagano07:20170326233618j:plain

f:id:nagano07:20170326233628j:plain

完成~

スタンド穴があるので飛行状態で飾ることも可能です

f:id:nagano07:20170326233658j:plain

キャノンと剣も付属

 

f:id:nagano07:20170326233745j:plain

キャノンは元玩具どおり脚にすることが可能

 

f:id:nagano07:20170326233806j:plain

f:id:nagano07:20170326233828j:plain

ただ、バランス悪すぎて自立が難しい・・・っていうかほぼ不可能です

 

f:id:nagano07:20170326233900j:plain

またキャノンはティラノのほうへも取り付け可能

、、逆だった、、orz

 

 

 

f:id:nagano07:20170326234330j:plain

これで5体の守護獣がそろいました

成型色での色分けは素晴らしいですね~

 

揃ったところで 合体!ダイノミッション!

f:id:nagano07:20170326232654j:plain

ダイノタンカーへ

f:id:nagano07:20170326232711j:plain

変形途中を1形態にしちゃうとか、なかなか思い浮かびませんよね

f:id:nagano07:20170326232703j:plain

f:id:nagano07:20170326232745j:plain

全守護獣の顔が正面向いてるのたまりません

初登場時だとこの形態から大獣神になったり戻ったりを繰り返して、玩具販促この形態の有用性をアピールしてましたw

 

そして発動!

f:id:nagano07:20170326204723j:plain

f:id:nagano07:20170326204732j:plain

f:id:nagano07:20170326204817j:plain

f:id:nagano07:20170326204746j:plain

f:id:nagano07:20170326204854j:plain

   大・獣・神!!

 

食玩とは思えぬプロポーションと色分け、劇中より大分頭が小さい感じですが

素直に現在みてもカッコいいといえる形に上手くまとまっています

つーか懐かしい!本当に懐かしい!

 

f:id:nagano07:20170326204926j:plain

マンモスシールドと恐竜剣は取り外し可能

しかしよく考えたら取り外したマンモスの生首をシールドにするとか、中々鬼畜なことをやってるようなw

 

可動範囲です

 

f:id:nagano07:20170326204946j:plain

f:id:nagano07:20170326205001j:plain

肩はこんな感じ

 

f:id:nagano07:20170326205019j:plain

f:id:nagano07:20170326205030j:plain

肘は一軸で90度いかないぐらいです

f:id:nagano07:20170326205047j:plain

腕ロールはこの位置に

f:id:nagano07:20170326205123j:plain

f:id:nagano07:20170326205144j:plain

開脚と接地はこのぐらい

股関節が最近お馴染みのフォーマットではなく只のボールジョイントなんで可動範囲はちょっと狭いかも、ティラノのデザイン的に干渉しちゃう部分があるってのもありますが。。。

f:id:nagano07:20170326205222j:plain

f:id:nagano07:20170326205203j:plain

足首はボールジョイントで可動するようになってます

キューブライオンとかキューブエレファントとかと同じで差し替えで可動範囲を確保する方式ですね、このあたりはしっかり近代の技術が活用されてる感じ

 

f:id:nagano07:20170326205343j:plain

膝は引き出し式で三重関節で、滅茶苦茶可動範囲広いです

 

f:id:nagano07:20170326205320j:plain

膝立ちも違和感なく決まる!

 

ぶんどど

f:id:nagano07:20170326205455j:plain

f:id:nagano07:20170326205756j:plain

f:id:nagano07:20170326205533j:plain

f:id:nagano07:20170326205629j:plain

基本的に着ぐるみだったんで地上で戦ってたイメージしかないんですが

 

キットには当然のようにスタンド穴があったりするので

f:id:nagano07:20170326210352j:plain

f:id:nagano07:20170326205957j:plain

f:id:nagano07:20170326210237j:plain

f:id:nagano07:20170326210101j:plain

大獣神らしからぬアクロバティックなポージングも可能だったりしますw

これぞ未来へのファンタジー!

 

f:id:nagano07:20170326233959j:plain

f:id:nagano07:20170326232654j:plain

f:id:nagano07:20170326204854j:plain

ということで スーパーミニプラ 大獣神 でした~

 値段的に各守護獣の口が開閉しない、サーベルタイガーのタイヤが一部ダミーだったりと、ガオガイガーほど設計者の暴走が感じられなかったのがちょっと残念ですが

全体通して見ると当時DXを買ってもらえなかったお子達も満足できる素晴らしい出来だと思います

なにより変形合体して可動までしてくれる大獣神が現代に発売してくれるだけで感無量です・・・DX欲しかったナァ・・・当時(遠い目

世代の方は是非お布施しましょう!そして守護獣の口を開閉可能にしてくれるようアンケートをだしましょう!(だいじなことなので

 

おまけ

f:id:nagano07:20170326204610j:plain

最新戦隊と・・・・大獣神のほうは下手したらDX買えるぐらいの値段なんですが

値段考えずに予約しちゃう辺り感覚が麻痺してるようなw

 

以前のレビュー品はこちら