玩具レビューメインのブログです
タイトルは気にするな!
車関連の記事まとめはこちらから→ 愛車維持関連
過去のレビュー品やガンプラ旧キット素組レビューの一覧
はこちらから→ 玩具レビュー一覧
当ブログはリンクフリーです、寧ろ拡散・・・してくれてもいいのよ?

HG 1/144 ザク2


久々のガンプラ旧キットレビューは
08小隊より1/144 ザク です
HGだけど、ウチではターンエー以前を旧キット扱いしてるんでコイツも旧キットです
というか何気にこのキット、144サイズのザクでは初めてのHGブランドなのかな

当時のHGブランドのザクがどんなもんか早速見て行きましょう


まずはパッケージ




最近のHGキットと違い銀基調のデザイン
サイズも最近のものより小さいです
お値段は税抜きで800円
当時としてはこのサイズではちょっとお高めな部類ですね





ランナーです
多色成型は無し
成型色自体は全部で3色だけですがザク自体かなりシンプルな色分けなので
これでも十分そうです
ポリキャップは平成シリーズのWの144キットと同じものですね

普通のホイルシールのほか、F型とJ型の選択式のシールが付属されてます




説明書はコンナ感じ
今とそんなに変わらないかな

このキットはスナップフィットなので、最近のキットと同様に接着剤不要で完成します





ということで完成〜
組み立て時間は1時間ちょいでした

プロポーションはかなり良いですね、色分けも成型色とシールで必要十分
ただ、時代的に関節がポリ丸だしだったりします




キットはF型とJ型のコンパチ式

シールドと脚のスラスター、下腕パーツが付属しています
08小隊って言ったら地上戦のイメージだから、今回は地上用のJ型で組みました



またザクらしく、指揮官用の角パーツも付属


その他の付属品はコンナ感じ
標準的なザクの装備ですね
ちなみにこの時代のキットとしては珍しく手首がポリじゃないのですが
武器の持ち手は右側だけだったり
ちょっと物足りない部分があったりします




ただ足裏や胸パーツ内側はコクピットが再現されています
このあたりはHGとして今のキットに繋がってる感じがしますね


続いて可動範囲


肩はここまで上がります
最近のキットと比較するとやっぱちょっと厳しいかも



肘も機構的にほぼ90度ぐらいが限界
ポリ丸だしはご愛嬌



当時品としては珍しく上腕側にロール軸アリ



開脚と接地はこんぐらい
デザイン的に仕方無いとは言え
今見るとかなり厳しいですね


脚の前後や膝はこんな感じ
こちらは時代を考えれば動くほうかな


ぶんどど









可動は旧キットって感じですが
プロポーションだけ見れば今見ても通用する感じですよね〜


ということで HG 1/144 ザク2 でした
流石に今のHGとして見ると厳しいところも多々ありますが
足裏や見えないコクピット部分の再現など、今に繋がる技術が色々と見れて中々面白いキットだと思います
最近のキットよりはお値段もお手ごろですし、J型やF型コンパチ仕様だったりプレイバリューも高いので
気になる方は是非


おまけ

デザインライン的には今のRGと比較しても十分通用するキットだと思います
可動は時代なりですがw

以前のレビュー品はこちら