BB戦士 天零頑駄無  輝羅鋼極彩


輝羅鋼がシールverの2009年の再販版なんでウチのサイトとしてはかなり新しい部類のキットですね
せっかく作ったんで軽く紹介したいと思います

まずはパッケージ

当時品とデザインは同じなんですが
地味に写真はシール仕様に入れ替わってたり、輝羅鋼も極彩の文字がきっちり追加されてます
ランナー・・写真忘れたw

基本的に輝羅鋼部分意外は当時品と同じです
組立ては今のキットと同じスナップフィットですがタッチゲートでは無いので
組み立てにはニッパー等の工具が必要になります

ということで完成


軽装タイプから
当時の頭身ですね
今見るとかなり小型です

また色分はかなりシールに頼ってますが素組みでもBB戦士なら十分かと


可動は・・・ウン
当時としてもあまり動かないほうだったんじゃ無いでしょうか
確かゴッド丸や裂光はキックが出来るのがウリだったような気がするので

続いて武者形態



この形態になるとモチーフがはっきりします
ウイング部や角飾りは輝羅鋼極彩シールとなってます

更に戦闘形態へ



赤を基調とする武者形態とガラッと変わって青基調のカラーリングに
結構単純なパーツ移動だけなんですがここまで印象が変わるの凄いですよね
この時代のBB戦士はギミックが本当によく練られてると思います



更に鬼刃閃空斬形態
見事なまでに寝かせただけ変形w
でも当時は足首の変形だけでも感動したもんです




ただ可動は・・・犠牲になっちゃってますねw
腕もほぼ固定になっちゃうんで実質、首の回転ぐらいしか
まぁここは仕方無いか


そしてこのキットの当時の一番の目玉

クリスタル輝羅鋼です





輝羅鋼の形態


再販版だと全ての部分が輝羅鋼極彩シールになっていますが


しっかり密着させてあげると実物は結構それっぽく見えます
写真で見ると微妙かなぁ


ということでBB戦士 天零頑駄無  輝羅鋼極彩でした

一番の売りの輝羅鋼がシールなのは残念ですが、実際しっかり密着させるとそこまで悪く無いですし
それを抜きにしても5段変形を1000円ほどのキットで達成してるのは素晴らしいと思います
上でも書きましたが、この時代のBB戦士はギミックが本当によく練られてて、今弄っても面白いんですよね
そんな感じで輝羅鋼以外に価値を見出す人にはおススメキットです

・・・世代なんで大分補正がかかってるかもしれませんがw
あと輝羅鋼極彩シール貼るの結構面白いんで、そっちが気になる人も是非
密着させて伸ばしてもこすっても印刷が剥がれないってのは地味に凄い技術な気がします





おまけ


超機動大将軍の羽を装着できるパーツがおまけでついてきます
ちなみに超機動大将軍も極彩仕様・・今、当時品を探すといくらぐらいなんだろうなぁ



中の人のレジェンドとサイズ比較
流石に今の眼でみると小さい


ただ輝羅鋼の形態だとほぼ同じサイズに
当時は凄い大きく感じたもんです


以前のレビュー品はこちら