メカコレクション ガンダムローズ


今回も旧キット番外編
Gガンダム放映当時の廉価モデル
メカコレクションのガンダムローズです

最近格闘機体ばっかレビューしてるような気がw

早速見ていきましょう




パッケージはこんな感じ
ガンプラっていうよりフックトイに近いですよね
お値段は税抜きで300円と
当時の144キットより200円安くなってます



ランナーです
二色成型
シールも付属していますが、色分けは期待しないほうが良さそうです
またシールの剥がれやすさは折り紙付きですw
平面で定着しないとか最近の子が見たら軽くカルチャーショック受けるレベルかとw



説明書
劇中設定とかは特になし、裏面は廉価モデルじゃない普通のプラモデルの広告になってます

このキットはスナップフィットなので今のキットと同じように組めば完成します
ただ最近の廉価モデルに見られるタッチゲートは採用されていないので注意です





ということで完成
組み立て時間は15分程度でした
プロポーション・・個人的には悪くないんじゃないかと思います

色分はこれでも悪くないかと思います
正直144キットも大して変わらなかったような気もしますし


付属品はサーベル


腰部分にマウント可能です


可動範囲


肩は開けません、軸可動のみ
また左腕はマントっぽい部分が一体になってしまっているので肘関節は内側にしか曲がらない仕様になってます
なので当然ローゼスビットはオミット


こっちの肘は普通に90度程度可動
手首は左右とも軸回転可能

続いて下半身


開脚と接地はこのぐらい
股関節はボールジョイントになってます


膝はこんな感じ
足首は先端だけ軸で動きますが、正直、あまり意味の無い可動かと


可動はやっぱ残念ですけど
ぶんどど







う〜ん、そこまで悪くない気もしますが
どうなんだろうコレ



ということでメカコレクション ガンダムローズでした
なんというかデザイン自体がちょっと時代的に早すぎたんでしょうね
あまり動かないのは事実なんですが、確か144キットも可動域的には殆ど変わらなかったと思うので
そう考えると廉価モデルでコレなら結構頑張ってるのかなぁ・・と
そういった意味ではおススメキットです

気になった方は是非手にとって見てください

ちょっと古い模型店とかには結構な確率で在庫があると思うのでw
確か秩父の店で75円とかで投げ売られてたような・・


おまけ

マックスターやシャイニングと比べると
値段分の差は感じられなかった気がします
メカコレが良く出来てるのか、144が駄目なのか・・・人によって判断が分かれそうです



以前のレビュー品はこちら