1/144 ゾリディア

今回は久々にVガンダムシリーズの旧キット


1/144 ゾリディア をレビューしたいと思います

設定同様、ゾロアットからの流用キットになってますが
当時のHQモデルという、よく分からない肩書きがついてます・・

細かいことは見てもらったほうが早いんで
さくっと行きましょう


まずはパッケージ

平成144キットの標準サイズですね
お値段は税抜き500円

前記したようにHQシリーズとなっていて、今までのVシリーズの子供向けっぽいデザインから一気に垢抜けたデザインになってます


説明書はこんな感じ
こちらは今までとそう変わらないかな


ランナーです
ゾロアットにあったクリアパーツがなくなってしまいました・・当然スタンドも付きません・・
代わりに単色ランナーが追加されてますね
全部で4枚、成形色自体は2色になります
そしてシールが・・マーキングシールっぽいのしか付属しません
色分けは期待できなそうですね

ポリキャップはゾロアットと共通なので当然Vフレームです

元のゾロアットではランナーロックというランナーどうしを先に組み立てる仕様だったんですが
ゾリディアでは完全に無くなってます、やっぱ当時から不評だったんですかね

ランナーロックがなくても組立自体はスナップフィットなので現在のキットと変わりません

ってことで完成


組立時間は1時間ぐらいでした
パーツはそんなに多くないですが、小さいサイズのパーツが多いので意外に手間がかかりました

プロポーションは悪くないですね・・
色分けは・・・・やっぱHQは上級者向けなんでしょう、上級者向けらしく塗装必須な感じです


付属品です
ビームシールド、ライフル、サーベルが付属
ただどれも赤い単色成形です
シールド塗装するのはかなりの高等テクニックが必要かと・・


さらに元のゾロアットの頭も付属します
っていうか余ってるだけなんですが、形状はともかくゾリディアの頭部の色的にはこっちが正しいですよね


可動範囲です

肩はここまで


肘はこんな感じ



開脚と接地


膝はこのぐらい


腰はある程度可動


まぁ当然っちゃ当然なんですが、ゾリディアと他のVフレームの機体達と同等な可動域です



背面の武器はアームの接続部分が一部分だけ可動、グリグリ動くって訳じゃないです
ガトリングの基部意外の接続は全てプラ軸なんで、頻繁に動かすとスグにヘタレちゃいそうです・・


一通り紹介したところで
ぶんどど

・・・・・ポージングすればそこそこカッコいいですね
ただ、ポロリして満足に動かせないうえ、ほとんど自立してくれません

やっぱVフレームはスタンドがあってなんぼなんでしょう
ということで拝借


やっぱこっちのほうがしっくり来ますね



ということで 1/144 ゾリディア でした

HQモデルを謳っていますが、正直に言うと
どの辺がハイクオリティ?って感じな出来でした、基本的にはゾロアットのリデコキットなんですが
元キットのほうがスタンドやきちんとしたシールでの色分けとか考えると、よくできてた気がしますね
個人的にこれを買うぐらいならゾロアットをオススメします


V2バスターの時も感じたんですが、お値段据え置きや安くするより多少値段上がってでも
パーツ入れ替えじゃなくパーツ追加にすれば良かったんじゃないかと思います
バブル弾けたあとだからお値段高めなのは売れなかったんですかね・・・


おまけ

スタンドやカードの事も考えると
追加パーツ分じゃ釣り合ってない気が・・


1/100はよくできてましたよね


以前のレビュー品はこちら