ミニプラ ジュウオウキング


例年だと3月中旬だった気がするんですが今年は早いですね
ってことで新戦隊のミニプラが発売してたので買ってきました
公式で既にレビューされてるんですが野生開放!本能覚醒!した感じで恐ろしい気合入ってますよコレ

ミニプラ ジュウオウキング レビュー いってみましょう


まずはパッケージ



こんな感じで全5種類
税抜きで各350円 なにげにパッケージに劇中スーツじゃなく実物写真がメインって初めてじゃないでしょうか
開発者にそれだけ自信があるってのが伝わってきますw


それぞれ見ていきましょう

1、キューブイーグルA


説明書とランナーです
説明書は箱裏のいつもの仕様
いつもはシール大量だったんですが今回は成型色で大分色分けされるみたいです
ミニプラでこんだけカラフルなのは感動
ガンプラあたりの技術がフィードバックされてるのかな



完成〜やっぱ色分け凄い


変形すると殆ど見えない奥の場所も別パーツで色分けされてたりします・・・


2、キューブイーグルB


説明書とランナー
こちらもシール少な目
ただボリューム的に今回のラインナップでは一番割を食ってる感があるかも



完成
ロボ時の顔の赤いところまでパーツで色分けとか、前のミニプラでは考えられません・・・すげぇ
ただ余りにも小さいので本来の対象年齢層がきちんと組めるのかはちょっと不安w


1と2で合体!


一部3のパーツも使ってますが、見た目パーツみたいなもんなんで無くても成立はします





劇中同様キューブ形態から差し替え無しで変形可能



シャークのパーツの接合部分は3mm軸なんで
スタンドも使用可能

これ絶対狙ってやったんだろうなw


3、キューブシャーク


説明書とランナー
かなりパーツ細かめです


3だけでここまで完成













変形ギミックも当然しっかり再現
こちらはDXや劇中とは違い合体時の可動のため尻尾部分は差し替えての変形となってます

また黄色パーツが4のキューブライオンに付属するので
これ単体では完成しないことになってますが
気にしなければ普通に変形可能なんで単品でも普通に遊べます
色々と素晴らしい




4、キューブライオン



説明書とランナー
今回の一番のボリューム枠


完成〜一番組応えがあると思います








イーグル同様差し替え無しで変形可能!
そして色分けがこっちも凄まじい
ミニプラじゃなくて普通のプラモ組んでるような感覚でした



5、キューブキリン


説明書とランナー
劇中でまだ出てきてないのがまさかのラインナップ
ただ2についでボリューム的に割りを喰った感が


完成












差し替え無しで変形可能
ただギミック的に正面から見ちゃ駄目なやつですねコレw
モノの出来は凄い良いですけど


ちなみに各キューブ状態での差はこのぐらい
ちょっとキリンが小さいです
この辺DXや劇中だとサイズがどうなるのかちょっと気になるところ



変形させるとそこまでサイズ差は気にならな・・いかな
しかし単品でも遊べるってのは本当に素晴らしい

続いて合体


合体説明書はそれぞれに付属



3つのキューブを


こんな感じで重ねて


裏返します





剣を頭から挿してDXスタイルの完成
劇中同様にメット内の回転まで再現・・・どこまで気合いれてんでしょうかコレw




この状態だと完全に劣化DX
ネタでやってたおでん合体と同じっすよね
箱ロボってレベルじゃねーぞ



ここからがミニプラオリジナル
一部差し替えて合体することにより




完成!!ジュウオウキング!!

なんということでしょう、ただの箱の積みあわせだったトーテムポールが
きちんとロボの体を守ったものにw・・・素直に凄い
普通にプロポーションもいいですし、色分けも相当頑張ってます、成型色だけで6色って・・
もう下手なガンプラよりしっかり色分けされてますよコレ


続いて可動箇所でも見て行きましょうか

腰板は取り外しが可能
干渉し辛いようになってます



肩の開きはこのぐらい
デザイン的にちょっと厳しいですが、きちんと可動



肘はコンナ感じ
前垂れ?部分はボールジョイント接続なんである程度は追従してくれます



横に逃がしてあげることで更に可動範囲が拡大
きちんと動きいてくれます
ただ腕まわりはロール軸がないのでちょっと取り回し厳しいかも
後、ロール軸だけ付いてれば完璧でした




腰の回転も可能、合体方法的に可動しないかと思いきや
イーグル側に可動軸を仕込むことにより可能としています




開脚とか接地はコンナ感じ
足首はボールジョイント接続で膝はいつものミニプラ標準の接続方式
膝はデザイン的に位置が下側なのでちょっと違和感あるかも


ちょっと物足りなく感じる部分もありますが変形ギミックを仕込みつつ
ここまでの可動を実現したのはまさしく驚嘆に値します・・
いい意味で頭おかしいw


ぶんどど





















本当凄いです、今年のミニプラ・・・




ということでミニプラ ジュウオウキングでした
実質的に分割されてるのはイーグルだけですし
今までのミニプラで結構不満だった大量のシールも成型色の多色化で対応
そしてなによりギミックを再現しつつ可動も再現・・・これぞミニプラって感じのクオリティだと思います
なんというか設計者の気合が伝わってきて本当におススメ

既に次の情報もちょっとでてきていますが、今後の展開が今から楽しみで仕方ありません
最終合体までこのクオリティで突き抜けて欲しいですw

以前のレビュー品はこちら