玩具レビューメインのブログです
タイトルは気にするな!
車関連の記事まとめはこちらから→ 愛車維持関連
過去のレビュー品やガンプラ旧キット素組レビューの一覧
はこちらから→ 玩具レビュー一覧
当ブログはリンクフリーです、寧ろ拡散・・・してくれてもいいのよ?

ASSAULT KINGDOM 9


ASSAULT KINGDOM の最新作 第9弾が発売したので買ってきました
さっそく紹介




パッケージ
お値段は各税抜き400円、今回は今までと違い全5種類になってますが
ケンプファーは装備が違うだけなので実質的には4種類になります


まずはGセルフから見ていきましょう


内容量的には今回の中で一番お買い得かもしれません






スタンドはクリアブルーのものが付属
レギンスセンチュリーのUCでスタンドの成型色を分けてるみたいです




バックパックはこんな感じで可動します



アサキンに関しては可動は心配しなくていいですね
相変わらず優秀で膝立ちなんかも余裕




続いてハンブラビ



Gセルフと比較すると付属品は少なめ




テール部分は軟質なんでちょっと曲がっちゃってますね
色分けは結構しっかりしてるんでそこだけ修正してあげればかなり良くなりそう



また、変形に必要な各部が可動するので





このサイズながらきちんと変形してくれます・・・元々の変形システムが簡易的だとは言え
値段を考えるとこちらも凄いですよね


武装はこんな感じで分割されてるので劇中同様に構えることも可能になってます


本体の可動も言うことありません・・信じられるかこれ400円なんだぜ・・・
Zシリーズの1/220キットとほぼ同(ry
凄い時代ですねぇ




続いてケンプファー各種



チェーンマイン付属がA装備




バズーカ付属がB装備になります




本体自体は全く同じものでした
武装は一つにまとめてくれって思ったんですが実際見ると納得しました
それぞれのボリュームが半端無いんで無理ですコレw


武装はバックパックの他、背中にも装備可能
二つ揃えるとフル装備可能になります





そして可動も相変わらず変態です
デザイン的に脚は殆ど動かないかと思ってたんですが
干渉箇所は軟質パーツで逃がして普通に可動



まさか床バンまでできるとは思わなかったw
特に足首の接続方式が秀逸でよく動いてくれます
ただ若干関節は緩いんで気になる人は調整してあげましょう


肩アーマーは左右で接続方式が同じなので二体買うと組み替えも可能だったりします




最後にガンダムマーク2







ティターンズ仕様まで含めると実に3回目のラインナップ




可動は同じように優秀なんですが
ボリューム的に今回ではかなり割を食った感が強いですねぇ
再販みたいなもんだからかな、せめてバルカンぽっどぐらいは欲しかったかも



とりあえず全部紹介し終わったのでテキトーに何枚か






























やっぱこのサイズだと気軽に弄れるし場所も取らないし素晴らしい
ケンプファーかっこいいよケンプファー
今回も全部良いけど個人的にはケンプファーマジおススメです


ということで ASSAULT KINGDOM 9 でした
毎回素晴らしい出来ですが今回も例に漏れずって感じでした
400円の完成品でここまで動いてくれるなんて素晴らしい時代だと思います

ただマーク2はバルカンポッドぐらいはつけて欲しかったかもw
今回の不満はそのぐらいですね、マジで値段を考えると素晴らしい出来だと思うんで興味のある方は是非


しかし次回のアナウンスがサイコしか発表無いのが凄い気になります
出来れば100円値上げしてもいいから続けて欲しいですねぇ
こんだけ動く平成勢の機体とかマジで欲しいです




おまけ


あ・・・


orz...持って行かれた・・・

調子に乗ってガシガシ動かしてたらショットガンのジョイントが持ってかれました
ケンプファーのショットガンはちょっと構えるのが厳しいので注意して扱ったほうがいいかもしれません




新旧マーク2比較
今回のほうが成型色が灰色に近い感じで
シールド裏の塗装が省略されています
また腕部分のジョイント系やバックパックのジョイントが追加されています
金型自体作り直してるのかな
別にそんなとこ作り直さなくてもいいからバルカンポッドをですね(ry


以前のレビュー品はこちら