Twitterやってます!
更新情報頻繁に呟きますのでフォローして下さいお願いしますなんでも(ry

主にガンプラ等の旧キットを
無塗装合わせ目消し無の完全素組で
レビューしてるブログです
一覧はこちらから→ 玩具レビュー一覧
当ブログはリンクフリーです
気軽にシェアして下さい
むしろ拡散希望w

手取り13万だけどFDとか玩具とか

ガンプラ旧キットの素組とか玩具レビューとか趣味雑多です

HG 1/144 龍飛(バウ)

めちゃくちゃ良キットですよこれ・・・

ってことで今回は懐かしHGキット、バウをご紹介したいと思います

HGUC初期のキットでありながら複雑な変形ギミックを再現してくれてるみたいです

早速見ていきましょう~

まずはパッケージ、この時代はアニメ調の絵と実際のキットの写真が混在してる今では珍しいデザインなんですね

再販品なので青バンダイです、昔の値段表記戻して欲しいところ

お値段は税抜き1200円、今考えるとめっちゃ安いけど当時としてはちょっと高めのHGになるんですかね、ズゴックやジムなんて700円でしたし

 

ランナー写真は割愛

説明書はこんな感じ

こっちはまだ赤バンダイなんですね

組立はスナップフィットなので接着不要で完成します

ってことで完成~

組立時間は2時間弱でした、当時のキットとしては結構時間かかった方かも

プロポーションは今見ても中々、というか普通にイイです

そして色分け、今回シール全く貼らずに紹介していますが

1/144としては十分すぎるぐらい優秀ですね、こちらも最近のキットと遜色ないのでは

気になるのは細かいスラスター類とシールドのイエローぐらいかと

あ、龍飛のマーキングシールはきちんと付属するのでご安心ください

 

さらに、合わせ目に関してもこの時代のキットとしてはかなり考慮されてる感じでした

HGで段落ち処理や、モールドの片側に寄せる等の処理をここまで多用してくれてたのは当時としてはかなり珍しかった気がします、なんというか設計思想が当時のMGに近いというか

 

付属品

ライフルと替え手首、単色成型のビームサーベル、シールドです

サーベルは単色成型なうえ一本のみの付属、ここはコスト的に仕方ない箇所かと

ライフルは特にギミック無

 

 

シールドもギミックはありませんが可変機体だからか、きっちり裏側にもモールドがあります

こういうパーツの裏側のモールドって今は当たり前ですが、この時代は滅茶苦茶珍しい気がします

 

つづいてメインギミックの分離変形!

 

武装や手首は取り外し

 

バックパックのスラスターの一部がロック機構になっていて

スライドさせることで上半身と下半身が分離可能になります

 

それぞれこんな感じで変形

組み替え皆無で変形します

上半身のほうに武装をつけて完成!

ほぼ完全変形ですよこれ・・・すげぇ

今だと絶対組み替えや差し替えになる機構だと思います

 

そして、この状態でも普通にプロポーション優秀・・

 

この変形ギミックしこみつつのMS状態の可動範囲はこんな感じ

首はボールジョイントで肩はこのぐらい開けます

肩は変形ギミックの都合上可動するんですが

干渉箇所削ってあげれば普通に今のキットと同じようにイカリ肩にできそう

 

肘は一軸で90度ぐらい

ただ手首部分がボールジョイントで割と動くので見た目上は結構しっかり動いてるように見えます

 

ロールは今のキットと同じ位置

腰は変形ギミックの都合上固定です

 

開脚と接地はこのぐらい

開脚に関しては変形ギミックの都合上、今のキットと同じ二軸構成なので

めちゃくちゃ優秀です、ただし接地は時代なり

 

膝や脚の前後はこんな感じで、普通に膝立ちできるレベルです

足裏にはちょっとだけ肉抜きあり

腰が固定な以外、当時の平均以上うごいてるような・・・

 

ぶんどど!

めちゃくちゃいいぞ・・・・

 

ということで HG 1/144 バウ でした!

なんていうかマジで良く出来てます、変形ギミックに関してはほぼ完全変形再現ですし、可動も色分けも優秀、それでいて1200円と今考えるとマジで破格かと

可変機好きにもお勧めできる機体ですので気になる方は是非!

いやほんとこれ20年以上前のキットって信じられない(だいじなことなので

量産型も欲しいけど、なにげに再販人気枠ですよね、通常ともども

 

以前のレビュー品はこちら

気になる旧キットがあったらこちらから過去記事検索できます