MSS ハンマーロック


近いうちとか言って結局1週間ぐらい経ってしまった気がしますがw
明日野郎は馬鹿野郎っていうやつが馬鹿野郎だと個人的には思っているんで大丈夫だ、問題ない


ということで一応組み立て終わったハンマーロックのレビューをしたいと思いますw

まずはパッケージ



ガンプラで言うとちょっと大きめなHGの箱サイズですね
お値段は税抜き2200円と本家の780円と比較するとお高めですが
MSSシリーズではかなり安い部類に入ります





ランナーです
他のMSSシリーズ同様に一部はタンポ印刷や塗装済みになってます
塗装済みのジオラマベースが付属するのも同じですね
パーツ数はシールドライガーほどでは無いんですが結構多めだとは思います
そして何より小さいw


デカールは水転写式のものが付属
本家はシールしかなかったから有り難い仕様ですね



説明書には軽い解説が

このキットはバンダイ製ではありませんが、スナップフィットなので接着不要で完成します
ただパーツは滅茶苦茶細かいので組み立て中の紛失に注意

ということで完成




組み立て時間は普通に組むだけなら2時間程度でいけそうな気がします
今回はゆっくり組んで行ったので結構時間かかってる気がしますが

プロポーションは本家のイメージまんまですね
本当にそのままサイズをダウンした感じです・・・(実は本家持ってないんですがw)

色分けもパーツ分割と一部塗装済みパーツで組み立てるだけでバッチリ
シリーズ初発品ながら良く出来てます





ヘルメット、およびコクピット、胸アーマは展開可能
パイロットはこのサイズながら塗装されてたりします


可動範囲



なんといってもこのキットの目玉は腕の表現力の高さだと思います
肩は基部から引き出し式になっていて
かなり自由度の高いポージングが可能に・・・腕のロール軸が無いのにドラミングっぽいポージングできるってのは凄いですよね

ただちょっと無理すると肩の基部がすっぽ抜けちゃったりします
あんまり無理しなければ良いだけなんですが、抜け止め的なパーツがあると更によかったかも




肘や膝やデザイン的にあまり可動範囲は広くないです


接続基部や足首、手首はボールジョイントでそこそこ可動可能




腰は前後に可動軸があり
表現力の高いポージングが可能に



とりあえずぶんどど









腕意外は割りと普通な可動範囲ですが
かなりゴリラっぽいポージングが可能です
サイズを考えるとマジで凄い・・・




ということで MSS ハンマーロック でした
シリーズ初発ながら、トミーテックさんの気合が感じられる
中々のクオリティなキットだと思います
HMMよりも気軽に組めますし、おき場所も取らないので個人的にはかなりおススメです

・・・最近、シリーズ終わる前は全く興味なかったんですけど
実際組んでみると凄いよく出来てて感動って結構多い気が・・マジンボーンとかも
ただ良いモノを作るだけじゃ売れないってのは、ちょっと寂しくもあったり

まぁ当時買わなかった自分が言うなって話ですかねw



おまけ



とりあえず今まで組んだMSSと・・・
なんか・・ハンマーロックでかくね?
本家もこんなんだったのかな
一応780円ラインだから小型ゾイドだったような
狛犬どころかライガーと戦っても良い勝負が出来そうなサイズです



あと、箱もデカイと思うのw




最後に本家のゴリラ祭りで
ぺったんこさんは友情出演
・・・・・タカトミさんって結構ゴリラ好きだよねw



以前のレビュー品はこちら