メカコレクション ドラゴンガンダム


旧キット番外編
Gガンダム放映当時の廉価モデル
メカコレクションのドラゴンガンダムです

まずはパッケージ




例に漏れずフックトイみたいなパッケージ
お値段は税抜きで300円と
当時としてもかなりリーズナブルな価格設定になってます



ランナーは二枚
二色成型で紙シールが付属
パーツは今見ても少なめですかね



説明書


裏面は今までのメカコレクションと同じく
キットの宣伝になってました

このキットはスナップフィットなので今のキットと同じように接着剤不要で組めます
ということで完成




組み立て時間は20分ほどでした
プロポーションは結構良いですね
色分けは最低限ですが、シールで上手く補完してくれてて無塗装でもそこまで悪くない気がします


しかしこのキット・・・手首の穴が埋まってる時点で御分かりだと思われますが
今までのメカコレクションと違い付属武装がありません!
ここだけ残念


可動範囲みていきましょう



付属品無い変わりに辮髪が別パーツになったのかな
接続部はボールジョイントなんで干渉しないようにそこそこ動かせます




あくまでそこそこ・・


コアランダーは一応別パーツですが
コクピットとかの造形は無し


肩は回転のみ

ですが





肘部分がボールジョイントになっているので
メカコレクションとしてはかなり優秀な可動範囲です




股関節はボールジョイントで開脚はこのぐらい
足首は相変わらずつま先だけ可動する意味の無いタイプになってます


脚の前後と膝はこのぐらい
膝は90度近くまで動くんですが、腰アーマーに干渉して脚の前後が殆ど可動しません


それでもぶんどど







角度によっては結構見れる・・・・・かも?




ということで メカコレクション ドラゴンガンダム でした
付属品こそ無いものの、腕の可動なんかは良く考えられてて
値段の割にはかなり良いキットだと思いました

惜しむらくは既に生産されてないってことでしょうかw

しかし、こういった廉価ラインが最近無くて寂しい限りです・・・・・コストに見合わないんでしょうが、こういったラインも必要だと思うんですがねぇ



おまけ

144キットと比較しようと思ったら
ドラゴンだけまだ通常版やってなかったんですねぇ
探しても見つからんわけだw
てっきりシャッフル初期は終わったもんだと思ってました、こっちもそのうちやらないと

以前のレビュー品はこちら