1/144 ガンダムデスサイズヘル


今回はかなり久々に平成シリーズ旧キット
ガンダムWよりガンダムデスサイズの後継機体
1/144 ガンダムデスサイズヘルです
劇中同様にガンダムデスサイズのリデコとなってます
144のデスサイズってあまり出来が良くなかったイメージだったんですが
どの程度まで改良されたのか見ていきましょう


まずはパッケージ




アニメ調の絵ですね
平成世代としてはこれが一番しっくり来ます
パッケージは平成144キットとしてはちょっと大きめ
その分お値段も税抜き700円と当時標準から考えると若干高めです





ランナーとシール
劇中同様にデスサイズのリデコです
ランナーは5枚、多色成型で全部で6色使ってます
色分は期待できそうかな、それでも元が複雑な分シールも多めになってます
また劇中同様大半のパーツはデスサイズのものになってます

このキットは接着剤のいらないスナップフィットなので本当に今のキットと同じように組めます

ということで完成




組み立て時間は1時間ちょいでした
プロポーションは中々良いと個人的には思います
元のデスサイズで気になった肩の高さとかも大分改善されてますし
ただ顔だけはちょっと残念かも

そこを除けば素直にカッコいい・・

色分はかなりの部分をシールに頼ってますが、旧キット見慣れた後だと
凄い色分けされてるように感じますw


付属品
バスターシールドとツインビームサイス


それぞれこんな感じで可動します
ちなみにバスターシールドの色分けは全部シールで再現です


収納状態のビームサイスは腰にマウント可能





アクティブクロークは設定どおり展開可能
きちんと差し替え無しでいけます


片側だけ開くとかも可能


続いて可動範囲

肩はここまで
干渉するまでは開けてるので時代を考えると動kほうかと


肘はきっちり90度ですね
ここはもう平成144の共通関節だと殆ど変わらない機もします
そして相変わらずのポリキャップ丸見えです



開脚と接地はこんな感じ
接地はそこまで良くないですが、開脚は時代を考えると及第点かと


膝や足の前後はこんな感じ
こっちも時代を考えると及第点ですね


また腰はここまでひねれます
変形機構を持たない平成144としては結構優秀な部類かと


全体的に見るとそんなに悪くない可動範囲だと思います

ということでぶんどど









普通にカッコええ
何気にビームサイスをきちんと構えられるポリ手首って素敵
1/100だと回転しちゃってまともに保持できなかったのでw



ということで1/144 ガンダムデスサイズヘルでした
お値段は700円とちょっとお高めで、顔がちょっと残念ですが
劇中ギミックはほぼ再現してますし、プロポーションも元のキットよりも大分改善されてます
なおかつ可動もそこそこ
個人的にはかなりおススメキットになります
イメージモチーフが厨二じみてるのも素敵です、大好物なんでw


おまけ

元のデスサイズさんと
ここまでやるなら顔も治して欲しかったw



1/100と
1/100はプロポーションは文句なしにカッコいいんですが
いかんせんビームサイスが保持できないのが

そういえば今回組んで考えたんですがデスサイズやエアマスターみたいなサブ主人後機体ってAGPでリニューアルされるんでしょうか
アレって主人後機だけで終了なんですかね・・?でもそれだともう殆ど終わったような気が・・まぁいいか


以前のレビュー品はこちら