獣電戦隊キョウリュウジャー 真可動合体 獣電竜

ガチャのキョウリュウジンを買ったんでレビュー


ミニプラは非常にガッカリな出来でしたが
前年から続く超可動合体の系列のガチャの出来はどうなんでしょうか

ってことでサクっと紹介


200円のガチャで全5種類になってます
ガブティラだけカプセルがデカイです
あ、今回は通販で5種セットで買いました、ガチャ回して揃えるといくらかかるか分かんなかったんで
10回とか回したくないよねHAHAHHA・・・orz
よっぽど引きの強い方じゃない限り、多分送料考えてもこっちのほうが安いと思います・・・


去年は一体300円だったんですが今年は一体200円とミニプラと違ってお値段がリーズナブルに


中身はこんな感じ、ガブティラさんを代表で
半完成品で一部組立とシール貼りが必要です


リーフレットは5種類とも同じものが付属してます
白黒です・・・シールの向きとか貼るとき分かり辛いからカラーにして欲しいんですが
まぁお値段的に仕方ないんでしょう


各獣電竜を

ガブティラ

一部合体用のパーツが付属します
それぞれ獣電竜状態では余剰パーツ


可動は脚がボールジョイントで動くぐらい
流石にこの状態だとミニプラ以上に動きません、まぁ200円ですしね


ミニプラと
ちょうど半分ぐらいかな


続いてステゴッチ

キョウリュウジンの脚パーツの存在感がw


ミニプラと比べても小さいですが、脚パーツもあるから全体のボリューム的には大差ない気も
一応突撃モードにも変形可能です


そしてドリケラ

こっちにも脚が付属


ちなみに脚との対比はこのぐらい、半分ぐらい脚なんですよ


ミニプラと
ガチャはドリルが塗装済みなのでアレに見えたりしません
単体で比較すると流石にガチャのほうが小さいですが
キョウリュウジンの手首部分が別パーツだったりとギミック的にはガチャのほうが上な部分も


続いてソウジ君のザクトル

当然のように合体パーツが付属
大きさは他の腕獣電竜と同じぐらいです

最後にパラサガン

ザクトルとパラサガンは合体の都合もあって膝関節が動きますが
サイズ的にポロリが怖いです・・実際はそこまで簡単には取れないんですが



これで獣電竜が5体揃いましたね


この状態の余剰パーツ群w
キョウリュウジン形態ではガブティラの下半身は丸々差し替えになります
なんか昔の玩具を彷彿とさせますが、ここまで潔ぎ良いと逆に許せますw

ということで合体


ガブティラ以外は差し替えなしで変形可能
なにげに口の開閉ギミックまで仕込まれてます
なんていうかマジでミニプラの立場が・・・


キョウリュウジン


キョウリュウジンウェスタン

当然各モードも再現可能
残念ながら手首が左右で共通ではないため劇中設定無視して俺合体させるのはできません
まぁ親指気にしなきゃいいだけですが

ちなみにこの状態での余剰はガブティラの獣電竜時の脚だけです
余剰は余剰ですが
ゴーバスの真可動合体みたいに何に使うかよく分からないパーツが余るってことはありません

可動はこんな感じ

すっごく動くよ!
ミニプラには無い肘関節や肩の開閉、手首や太もものロール軸なんかもあって
流石に可動を謳ってるだけの商品なだけありますな
ゴーバスの時に気になったポロリも今回は殆んど無かったです
これはイイ


ってことで 獣電戦隊キョウリュウジャー 真可動合体 獣電竜 でした
タイトル長い・・w

下半身まるまる差し替えは評価が分かれるかもしれませんが
個人的には全然アリです

キョウリュウジンにしてしまえば余剰も殆んど気にならないですし

なにより、そのおかげで可動、プロポーションともにかなり優秀になってるのがデカイです
単純に遊び安いんですよね、ポロリも少ないし

これは今から次の弾も非常に楽しみです

しかしガチャの出来がこれだとますます今年のミニプラの立場が・・・


おまけ

今年はマジでガチャだけでもいいかもしれない・・・




以前のレビュー品はこちら