BB戦士 輝神大将軍獅龍凰 輝羅鋼極彩

 今日はBB戦士の大型キット
神大将軍獅龍凰をレビューしたいと思います

輝羅鋼極彩だから旧キットにはなら・・・ないんですよね

ほかの極彩バージョンは基本的に輝羅鋼がシールになってるだけなんですが
獅龍凰の場合はそのほかに胸のビー玉がプラスチック製になってたりと
当時品と比べるとシールの他にも差が見られたりします

見てもらうのが早いですよね
ということでいきます

まずはパッケージ

デカイ・・・当時の1/60キットとおなじぐらいのパッケージサイズ
お値段も税抜き3000円と当時のBB戦士最高値
超機動大将軍編あたりの大ヒットがあったから出来た仕様でしょうね


当時品と比べるとパッケージが微妙に変わってます
輝羅鋼部分の写真がちゃんと極彩シールになってたり


ランナーです
パーツは意外に多くないんですよね、そして多色成形も使われてなかったりします


そして当時の輝羅鋼パーツはクリアパーツと極彩シールに


ぱっと見は普通のシールですね


密着させて貼ってみるとこんな感じ

遠目で見る分にはいい感じですが、近くで見ると銀色部分以外の艶の無さがはっきりわかっちゃいます
貼る前からそうなんですが銀色部分以外はつや消しみたいな質感なんですよね
銀色以外もギランギランなメッキ調の色にしてくれれば当時品とそう遜色ない出来になったかと思うんですが
こんだけシールが伸びると塗料が剥離しちゃうのかな

質感にこだわるんだったら色ごとに別シールにして用意してくれて
貼り重ねてく方式ならわりと当時と近い形になると思うんですが、貼るのめんどくさいか・・

マクロスやタイバニであったようにどっちかのシール選択式ってのもひとつの手だったんじゃないかなぁって今になって思うわけです


シールのレビューじゃなかったw


ということで一気に完成
スナップフィットなのでニッパーとヤスリがあれば完成します
ちなみに当時のBB戦士はタッチゲートじゃないから注意

再販で追加された胸のクリアパーツだけはタッチゲートでしたが

組立時間は3時間ぐらいですかね
パーツが大きいし、そこまで細かくないので、サクサク組めると思います

色分けはまぁ、BB戦士なんでこんなもんじゃないでしょうか
ただちょっとメッキ分が足りないかな、綺羅鋼がシールになった分、違う部分のメッキを増やしてくれたりしてくれればよかったのにとか思わないでもないです

なんか黄土勇者を思い出しますね



完成状態の輝羅鋼
ちょっとずれてる・・・左右の鳥みたいなパーツに組んでから貼ったほうがいいかもしれません
パーツ単体で先に貼ると上の画像みたいに隙間が



基本的に可動は腕が上がって首が曲がるぐらいです
しかしボリュームは凄い
羽根広げた状態だと40cmぐらいある気がします、置き場所が・・


ギミック紹介


獅龍凰形態に変形可能
大将軍といったらフェニックスだったんですが、こいつはよくわからんキメラに変形します



キャストオフ!

軽装タイプ
ゴッド丸モチーフってのがよくわかりますね



取り外した鎧は三神獣へ
昔のBB戦士はこういうギミック多かったですよね


凰天鎧


龍天鎧


獅天鎧


凰天鎧は当時品だと翼が綺羅鋼でグラデーションがかかっていて非常に綺麗だったんですが
ほんとただのクリアレッドの翼になっちゃってます
当時品を知る者からするとこれはかなりのガッカリポイント

シール粘着面をメッキ調にするのはできなかったのかなぁ



こっち側はそれっぽく見え・・・るかな

ということで 輝神大将軍獅龍凰 輝羅鋼極彩 でした

う〜ん
確かにボリュームとギミックは結構いいと思うんですが

このキットの場合一番の売りが大量の輝羅鋼のため
そこがシールになってしまったことで
満足度が大幅にダウンしちゃったのかと

基本的にモナカなので割高感がちょっとあるかなぁ

極彩シールも上で書いた用に色ごとでシールを分けて、ちゃんと反射するようなものにするとか
いっそ片側を単色メッキにして足りない部分にクリアシールを貼ってく方式とか
正直、仕様をもう少し煮詰めてから出して欲しかったという感じです


おまけ

せっかくなんで


中の人は天零も入ってるはずなんですが
ほとんど天零成分が無いという・・・
前作主人公のほうが新作主人公より強い、これが一番売れたBB戦士の力だというの?



普通にのれそうです


以前のレビュー品はこちら