1/144 ガンタンク

今回はガンタンクの旧キットをレビューしたいと思います
永らく再販されてないため手に入らないかと思ったんですが
ちょっと離れた模型店で埃をかぶってましたw


なにげに本ブログではV作戦最後の旧キットなんですよね
ではレビュー

まずはパッケージから

お値段税抜き600円と旧144キットとしては結構お高めです
パッケージサイズは何か薄くて大きい・・最近だと近いサイズは見たことないですね
アシュタロンの箱を薄くしたサイズかな


説明書は二枚折
相変わらずランナー状態での塗装指示が書いてあります


ランナーです
二枚だけ
しかも単色・・・600円もするのに
ただパーツのボリュームは凄いです


キャタピラ部分はゴムパーツが別に付属してます
HGUCとかよりもゴムに近い感じですね、非常に柔らかい為、劣化したらスグちぎれそうでチョット怖いです


旧キットなので接着が必要です
他は今のキットと変わりません



ということで完成
組立時間は1時間ほどでした
普通に組むだけなら30分もかからないと思いますが
このキットは関節があまりにも緩々だったため、ちょくちょく手直ししながら組んだため倍近い時間がかかってますw

プロポーションは・・・・

マッシブ・・?

肩幅物凄く広い気がします
全体的に見ると微妙かもしれません



それでも各部ディティールはそれなりに頑張ってますし
キャノン砲は上下可動可能になってます

上半身はあれですが下半身は今の目で見ても問題ないかと




可動範囲です
といっても腕しか動かないんですが


肩はこのぐらいまで開けます
ここは及第点ですね

問題は次

肘・・
これで目一杯だと・・・



逆関節のほうがよく動く気が
可動範囲は旧キットの中でもダメなほうかと


さらにこのキットのダメな点は
上腕のロール軸が存在しないってことです


代わりに下腕を微妙に左右に振ることが可能ですが
目を凝らしてみてようやくわかる程度の可動範囲です
さらに言うと腕のランチャー部分も接着してしまうため回転できません
普通に挟み込みにすればいいのになんでやらなかったんでしょうかね


ちなみに首の可動範囲もやたら狭いです
目を凝らして(ry

本当、可動範囲はダメダメっぽいですね、このキット
それでもぶんどど

・・・・うん
いやまぁ、そんな動く機体じゃないからこれでもいいかなぁ


ということで1/144ガンタンクでした

見慣れるとそこそこには見えてきますが
600円という値段を考えるとウ〜ンってのが正直な感想です
可動箇所等、当時の目で見ても厳しいものがあるんじゃないでしょうか

あんまりオススメできない旧キットかと



おまけ

ようやく揃った旧キットV作戦セット
なんていうかガンダムの安全突起に時代を感じます



HGUCと比較

正直よほど旧キットが好きな方じゃない限りHGUCのほうをオススメします
キャノピーもクリアーだし、腕ロールもあるし、腰も微妙に動くし、キャタピラも一応軟質だし
これで200円しか違わないってのがちょっと信じられない
初期のHGUCやMGって安くてよかったですよね

今が高すぎなだけもしますが

以前のレビュー品はこちら