アガツマ 爆速救命 ダイヤロボ 第二弾 レビュー

気になってたダイヤロボの第二弾がようやく発売されたのでレビューしたいと思います
散々楽しみにしてたのに発売日が延期されたんですよね


延期されただけあってか、今回もなかなかのクオリティとなってます


ではレビュー

第二弾は車種的にはダイナとプリウスの二つになります
それぞれ今までどおりカラーリングと微妙なバージョン違いの三種類

ゴミ清掃車と引越センター仕様が微妙な違いかは分かりませんが

今回もそrぞれひとつずつレビューしたいと思います


パッケージはこんな感じ
今までと同じブリスターです
ミニカー状態での塗りも確認できるから嬉しいんですけど
反面保存すると気に場所に困ったり・・
値段は一弾と同じ税抜き800円


まずはプリウスから

今回は白いのをチョイス
イーグリウスって言うらしいです

相変わらずミニカーモードの完成度は目を見張るものがありますね
なにげに車種ごとにホイールも違うからトミカとかと比べてもリアルです

詳しくない人がみたら普通のミニカーですよホント、外装部分も全部塗装されてるんで成形色まんまの安っぽさは殆んどありませんし
ウィンドゥ部はクリアパーツだし、というかスモークパーツに全塗装されてる感じ

そして変形

こんな感じで、差し替え無しで変形します
今までのと比べると割と簡単な変形ですが、折りたたまれた翼の先端など中々考えられてますね


イーグリウス!
鷹と言われてもちょっと厳しいかなぁ
正直言っちゃうとあんまりカッコよくは無いかと
胴体が長すぎな上、下半身が物凄く貧弱かと


可動はこんな感じ
動きそうな部分は一通り動きます
ただ足首の接続部の可動範囲が狭いのがちょっと残念ですね
ここがあまり動かないんで微妙なプロポーションが強調されちゃってるんじゃないかと思います



公式変形よりこっちのほうがカッコいいんじゃないかと思ったりw

動物状態のプロポーションは微妙ですが全体的な目で見ると凄くよくできた玩具だと思います


続いてゴミ清掃車を紹介


今回は青いゴミ清掃車をチョイス、ホントは引越センターが良かったんですが売り切れてたんですよね
これはダストラルっていうらしいです


特徴的なゴミ収集部分はダンポ印刷で再現されてます
相変わらずミニカーとして見ても良くできてますね


変形

こんな感じで差し替え無しで変形します
変形機構でフロント部分が倒れるんですが実車のオイル交換形態みたいで面白いですね


ダストラル!

フェアレディ以来のロイドタイプです
プロポーションはかなりイイんじゃないかと思います、普通にカッコいいです

ちょっと背中の処理が気になるかな、固定されないんで上手く位置決めできない感じ
ここだけ残念


可動は今まで以上に優秀です


変形に関係ないはずの膝関節までわざわざ作られていたりと
第一弾のロイドタイプから着実に進化してます、ここは一弾のときにも指摘させていただいた部分なんで
実現してくれて非常に嬉しいところ


ポージングも中々決まります

変形の都合で肘も二重関節だったりします
基本的な可動箇所は抑えてあるんで、軽くポージングするだけならホントに十分です

あと気になるのは足首ぐらいですかね、ここも軸可動じゃなくてボールジョイントにしてくれれば
更に良かったかなぁと思います、接地も上がりますし

欲を言えば腰も動いて欲しいところですが変形機構考えると難しいでしょうし
定価800円だと考えると現状でも十分すぎる出来だと思います
ミニチュア版バイナルテックって言っても良い出来かと


ということでダイヤロボ第二弾のレビューでした
第一弾も良くできてましたが第二弾はさらに良くなってます
800円と普通のミニカー買っても大差ない値段ですし
間違いなくオススメできる玩具だと思います

車種のラインナップも偏ってないのも個人的には好印象です

ちょっと販売ペースのスローさが気になりますが、この調子でシリーズ継続して欲しいですね
そしてゆくゆくはFDとかSE3Pとかよろしくお願いします、アガツマさんw





おまけ

せっかくなんで一弾と比較


ゼロイドさんよりダストラルのほうが主人公っぽいカッコよさな気が


これだけ車種がばらばらなチームも珍しいですよね

ちなみに次はハマーでコングタイプらしいですよ、今からかなり楽しみ・・・だと思ったら
その前にフェアレディの限定版だと!?



以前のレビュー品はこちら