1/144 HG ガンダムナタク

f:id:nagano07:20170611204120j:plain

たま~に思い出したように行う旧キットレビュー

今回は ガンダムW EW より五飛の愛機、ナタクです

コイツだけなんでカスタムじゃないんだろう、とか当時思った人も多いんでは

まぁTV版でも本編ではずっとナタク呼びでしたが・・・

キットのほうはどんな感じかサクッと見て行きましょう

まずはパッケージ

f:id:nagano07:20170604215519j:plain

f:id:nagano07:20170604215541j:plain

f:id:nagano07:20170604215617j:plain

f:id:nagano07:20170604215600j:plain

OVAからそのまま持ってきたような箱絵が素敵です

平成シリーズで1/144キットがHGブランドなのは珍しいですよね~

EWシリーズは144キットが後から発売するという珍しい展開だったためこんな感じになったらしいです

お値段は税抜き1000円、平成144キットとしてはお高めですがEWシリーズとしては平均的な価格かな

 

 

f:id:nagano07:20170604215720j:plain

f:id:nagano07:20170604215751j:plain

ランナーです、多色成型ランナーが一枚で、成型色自体は全部で6色

シールも割りと少な目なんで色分けもそこそこ期待できそうです

ポリキャップEW共通品、HGUCの超初期にも一部キットに使われてたものになります

 

f:id:nagano07:20170604215828j:plain

f:id:nagano07:20170604215837j:plain

説明書

 

f:id:nagano07:20170604215910j:plain

シリーズ全部買えば映像見なくてもOVAの内容が理解できそうな感じですw

 

組み立て自体はスナップフィットなので、現在のキットのように接着不要で完成します

 

ということで完成~

f:id:nagano07:20170611204009j:plain

f:id:nagano07:20170611204028j:plain

f:id:nagano07:20170611204050j:plain

f:id:nagano07:20170611204038j:plain

f:id:nagano07:20170611204120j:plain

組立時間は1時間30ぐらいでした

プロポーション・・・今の目で見てもかなりカッコいいです

有無を言わさぬスマートさ、カトキさんのデザインまんまって感じがします

色分けは一部もの足りない箇所もありますが、基本的にパチ組でこれなら十分でしょう

 

f:id:nagano07:20170611204152j:plain

付属品はビームトラインデントとドラゴンハング再現用の延長パーツ

あとは共通ポリの平手ですね

格闘機体みたいなもんなんで付属品は結構シンプルです、ちなみにビームトライデントは右手首まで一体で造形されているため、左手に持たせることは出来なかったりします

ちょっと惜しい・・・

 

 

続いて可動範囲

f:id:nagano07:20170611204312j:plain

f:id:nagano07:20170611204339j:plain

f:id:nagano07:20170611204413j:plain

f:id:nagano07:20170611204429j:plain

ドラゴンハングは延長パーツを使わなくてもここまでは展開可能です

 

f:id:nagano07:20170611204617j:plain

延長パーツ使うとこんな感じ

 

f:id:nagano07:20170611204709j:plain

f:id:nagano07:20170611204724j:plain

肩の開きはこのぐらい

 

f:id:nagano07:20170611204735j:plain

f:id:nagano07:20170611204744j:plain

通常の肘関節はほぼ90度

 

f:id:nagano07:20170611204817j:plain

ロールはこの時期おなじみの肘関節と共通方式

ポリ丸だしなのがちょっと残念

 

f:id:nagano07:20170611204842j:plain

f:id:nagano07:20170611204852j:plain

腰はこの程度まで可動は可能です、表情付けには十分

 

f:id:nagano07:20170611204921j:plain

f:id:nagano07:20170611204935j:plain

開脚と接地はこんな感じ、足首は時代なりですが、股関節は結構開けますね

 

f:id:nagano07:20170611205002j:plain

脚の前後や膝可動はこんな感じです

流石に今の最新キットと比較すると厳しいとこもありますが、基本的には当時の平均以上動いてくれるみたいです

 

ぶんどど

f:id:nagano07:20170611204243j:plain

f:id:nagano07:20170611205646j:plain

f:id:nagano07:20170611205739j:plain

f:id:nagano07:20170611205906j:plain

f:id:nagano07:20170611203803j:plain

f:id:nagano07:20170611210100j:plain

f:id:nagano07:20170611210338j:plain

f:id:nagano07:20170611210606j:plain

f:id:nagano07:20170611210658j:plain

普通にかっけーんすよ。。。。

ドラゴンハングはかなり自由度高くて動かしてて面白いです、自立させるのはバランスが難しいけどw

劇中だとほぼ宇宙戦・・・というかウイングゼロと闘ってただけなので出来ればスタンドが欲しいところですかね~

 

 

f:id:nagano07:20170611204120j:plain

ということで HG 1/144 ガンダムナタク でした~

良好なプロポーションと秀逸なドラゴンハングギミック、合わせ目やポリ丸だしの時代なりの欠点さえ気にしなければ今見ても全然通用するかなりの良キットだと思います

五飛好きなら是非w

なんでMGはプレバンになっちゃうのだろうか・・・

 

以前のレビュー品はこちら