1/100 HG  アルトロンガンダム


今回はガンダムWより
1/100 HG  アルトロンガンダム をレビューしたいと思います
平成シリーズの1/100HGは基本的にハズレが無い印象ですが
コイツはどうでしょう

早速見ていきましょう


まずはパッケージ




当時のHGよりちょっと厚いサイズ
お値段は税抜き1800円と其の分ちょっとお高めになります







ランナーです
劇中設定同様にシェンロンガンダムの一部ランナー変更品ですね
パーツはかなり多め
成型色自体は5色と結構多めですがシールもかなり多めなので色分はどうなんでしょう
また当時のHGとしては珍しく多色成型が使われていないんですよね






説明書には劇中設定等が書かれてます



組立てはスナップフィットなので今のキットと同様に接着剤不要




ということで完成
組み立て時間は2時間ぐらいでした
プロポーションはマッシブな感じでTV版や設定画のイメージに近い感じですが
普通にカッコイイと思います
色分は素組み状態でも十分に見えますがシールに頼ってる部分がかなり多い印象です
この辺は追加ランナーのキットだから仕方無い部分が多々ありますよね


附属品

シールドとツインビームトライデント
トライデントは収納状態のも付属しますが
ビーム部分は白パーツ、シェンロンのビームグレイブとかはクリアパーツだったからちょっと残念
というか何気にWシリーズの 1/100 HG キットだとクリアパーツが付いてないのはアルトロンだけみたいです
ボリューム的に仕方なかったのかな

可動範囲




特徴的なバックパックは割りとフレキシブルに可動
ただ接続部がポリじゃない箇所も多いのでヘタリは不安です


肩は開けません



が変わりにドラゴンハングが差し替え無しで再現可能
シェンロンと違ってロック機構が存在しないので無理に動かして破損することは少なそうです



節の途中にも可動部があるのでかなり自由に動かせます
ただこっちも接続部がポリじゃない箇所がかなり多いのでヘタリが(ry




肘は二重関節でこんな感じ
ポリ丸見えはこの時代のスタンダード


可動指もこの時代のスタンダード
トライデントはマトモに保持出来ませんでしたw



腰は干渉しないので360度まで回転可能




開脚と接地はこのぐらい
ベースキットのシェンロンよりかなり開脚できるようになってます
流石発展機



膝とか足の前後はこのぐらい



あんまり意味の無い足首の可動も残ってます

ギミック豊富ですし可動範囲も当時としては結構広めな気がします
ぶんどど












ボリュームが素晴らしい・・・
腕のギミックはホント弄ってて楽しいですね
ヘタリは不安ですがw


ということで 1/100 HG アルトロンガンダム でした
色分けやポリ使ってないヘタリの不安はありますが
全体的に見るとギミックは豊富ですしボリュームも値段の割りに十分
可動もリデコ元のキットより進化している良キットだと思います
五飛好きなら是非w



おまけ



EW版と
バックパックの分、アルトロンのほうがかなりボリュームありますね
しかし頭部サイズの差が凄まじい
もう完全に別人ですよねこれw

以前のレビュー品はこちら