玩具レビューメインのブログです
タイトルは気にするな!
車関連の記事まとめはこちらから→ 愛車維持関連
過去のレビュー品やガンプラ旧キット素組レビューの一覧
はこちらから→ 玩具レビュー一覧
当ブログはリンクフリーです、寧ろ拡散・・・してくれてもいいのよ?

ほねほねザウルス魔竜山 レビュー

玩具レビュー

 年末恒例のほねほねザウルスの豪華版です

ちょっと旬外れてますけどBOXが安く手に入ったからレビュー


全4種類で各525円、食玩としてはかなりのお値段

パッケージは4種類とも共通ですがカバヤらしく窓穴から中身がわかる仕様となっております


まず1番

ディプロ山とティラノサウルス


完全に組み立て式です、パーツがでかいw
かなり詰まってます
素材はABSかな、残念ながら蓄光素材ではありません
お菓子はいつものカバヤガム

蓄光素材はほねほねザウルスのみ、通常弾よりボリューム少なめかな
軟質素材も使用されてません

ゲートが太いから組み立ては子供だと厳しいかも


成形色だけでここまでカラフルに


隠し扉や謎のクレーン?がでてきたり
首をあげると連動して床が開いたり


ヤシの木をひねると口が連動して開閉したり

単品でもギミック豊富ですな




2番 ティラノ山とスピノサウルス



分りづらいですが、これだけ基地部分に一部塗装部分があります


ティラノの口が開閉。。。というか上下?
裏のエレベーターとつながっています、上にあげると連動して火山が開きます
あとは床の引出ギミック、こいつは他と比べるとギミックが少なめかも



3番 トリケラ山とディプロドクス


結構細かいパーツがおおいかな


トリケラの舌がマグマをイメージしてるらしいです、だぱぁが可能w
ちゃんと口も開閉するんですよ

さらに角は後ろから押してやるとミサイルとして発射できます


裏側横のレバーをおすと床が持ち上がります。コロ走行可能な台車が付属してますので、走行させて遊ぶことができます

カバヤすげぇよ・・・・



4番 スピノ山とトリケラトプス


相変わらずパッケージがパンパン
パーツがでかいです


成形色だけでここまで色分け


スピノ山の上あごをあげると連動して下あごも下に可動
こちらも台車が付属するため、発進ギミックが楽しめます・・・が
上にほねほねザウルスの乗っけた状態だとうまくセットできないかも、台車だけなら上手く走ってくれるんですが


床も引き出せます、引出と連動して腕が可動





ちなみに各説明書の裏は同じことが書いてあります


4種類が集まると

合体してほねほねザウルス魔竜山が完成します

前から見るとディプロドクス、後ろから見るとトリケラトプス
まさに魔竜山にふさわしい、厨二心をくすぐられる良く分からないけどカッコいい何かとなっていますw

固定用の穴があるので割とカッチリしてます


さらに展開すると50cmぐらいの秘密基地っぽい何かに
撮影ブースにおさまんないw

これは子供喜びそうです、すごい存在感
各ギミックはこの状態でも遊ぶことが可能・・・いや、もう凄い
よくも2kでここまで作ったもんだと感心させられます


ってことでほねほねザウルス魔竜山のレビューでした

単品でもしっかりと遊ぶことが可能な上、種類を選択可能、全種類集めるとさらに遊べるっていうプレイバリューが素晴らしいですね

実際のユーザーは子供でしょうから、しっかりと子供目線で作られてる商品って感じでした
そういった点カバヤには非常に好感がもてます、儲け第一に走らない企業って素敵

150円程度の食玩でもブラインドの上レアパーツが一部にしかつかないとかやってる企業にも見習ってほしいですな


しかし置き場所どうすっか・・・これ

以前のレビュー品はこちら