1/144 ガンダムエアマスターバースト

久々の旧キット素組みレビュー
今回は1/144 ガンダムエアマスアーバーストです



まずはパッケージと説明書

平成144シリーズのスタンダードサイズパッケージ、お値段もスタンダードの税込525円
説明書は今までどおりの三面、ちょっとだけアニメの設定が書いてあります



ランナーです

劇中と同様、本キットもエアマスターのリデコ商品となっています
Xシリーズのポリキャップを仕様
この価格ながら多色成形を二枚も使っている豪華仕様
シールの量は普通かな


今回も接着剤のいらないスナップフィット仕様
1時間もかからず完成

プロポーションは結構よさげ
色分けも細かい部分以外はシールと成形色で補完されてます
これで500円は素晴らしい、膝の色分けがシールじゃなくてパーツなのが意外
SEEDのコレクションシリーズじゃ絶対ありえないよ




手持ち武装はこれだけ
1パーツ成形なので肉抜き穴がきになります・・・



可動範囲
当然ですが
基本的にエアマスターと同様です

肩は90度で肘も90度


変形機構の恩恵で膝も結構可動、開脚も当時としては十分ではないでしょうか



ぶんどど


肩のビームキャノンは変形用の関節で微妙に可動可能、ポリキャップ接続なのでヘタリはそこまでひどくなさそう
ただキャノン部は開口されてません

そこそこ可動するのでそこそこポージング可能


そして変形

エアマスター同様、頭を取り外して変形、頭と機首部分意外は差し替えなしで変形可能です

基本的には寝かせるだけですが

ウイングガンダムとかよりも薄くなってる感じがします

ってことでエアマスターバーストのレビューでした


元のキットと比較
色が違うと別の機体に見えますね
下半身なんてほんとに同一なのに

以前のレビュー品はこちら