文字が化けるよ〜♪モジバケル〜♪4!!

 ってことで今日も散財

もじバケる4のレビューするよ


今回も各種105円、6種類で色違いが5個という仕様になってます
何が入っているかはわかるけど何色かは開けてみないとわからないブラインド仕様
当たりがクリアレッドらしいですね

さっそくレビュー

ひと箱に一粒入ってます
カバヤのガムと比べると甘さ控え目で味がなくなるのが早い気がします

・・・・


気を取り直して


1、ホウオウバケる

こんな感じでバラして変形

第一弾のトリバケると似てますね、羽根や首のパターンなんかはほぼ同じですし
尾は若干可動可能


2、シカバケる

当然組み換え変形

四肢がボールジョイントで可動します、変形の都合で角が開閉可能

変形が単純な分結構ボリュームあります


3、ハチバケる

こいつは黄色が良かったなぁ・・・・


この弾では一番組み換えが多いかもしれませんね
説明書なしだとこいつだけ難しいかも


蜂といわれれば見えないことはない・・・かな?針の部分を倒してやらないと自立できません

倒すとこうなる

色的にバッタに見えないことも無いですねw
全身ボールジョイントでつながってるんで一番自由度高いかも


4、イノシシバケる

組み換え少なめ、シンプルザベスト

流石にこれだけだとさびしいと思ったのか
尻尾をいじると背中の毛がでてくる素敵ギミックがあります


四肢はボールジョイントで可動


5、ワニバケる

こいつも結構ばらばらにするほうかな

文字状態の接続にもボールジョイント使ってるためスワリが悪いというか、ほかのと比べるとカッチリしてないです
ちょっと気になる


尻尾が左右に可動、四肢がボールジョイントで可動します、口の開閉までは流石に無理っぽいですね・・


6、ヒョウバケる

・・・・イノシシとほぼ同じで四肢の組み換えのみ
シンプルイズザベスト

首と尻尾は収納されてます


四肢がボールジョイント、尻尾もボールジョイントなんでそこそこポージング可能
でもこいつも黄色が良かったなぁ



ってことでもじバケる4でした
なんか第三弾と比較すると変形が単純になってた気がします
まぁ子供向けならこのぐらいが丁度いいんでしょうけど、第三弾見た後だとちょっとアレ?って感じになりますかね
洗練されたと好意的に解釈することもできますが、組んでてなんか若干ネタ切れの匂いも・・・第一弾がすごいインスパイアされてるような


あと当たりのクリアレッドは残念ながら出なかったです、地味に欲しかったのに
今回も色アソートは完全ランダムみたいですね
つーか普通の赤色とクリアレッドは紛らわしいからどっちか一色で良かったのでは?

いろいろ書きましたが100円という値段ならカナリいい玩具ですよ
スーパーで見かけたら是非手に取ってみることをお勧めします


っていうか片付けしてる最中に何でもの増やしてるんだろう・・
人はそれを



という
持ってる人なら絶対やるネタでした

24文字もあるからもっと単語作れそうかと思ったら動物縛り・・・そろそろ無機物の一字の変型ものだしてもいいんじゃないかしら


以前のレビュー品はこちら