スーパーミニプラ 無敵将軍

アイエエエエ! ニンジャ!? ニンジャナンデ!?

f:id:nagano07:20181021113330j:plain

ってテンションになるぐらい好く出来てますよコレ

ってことで今回は スーパーミニプラの無敵将軍のレビュー

はじまり~はじまり~!

パッケージ

f:id:nagano07:20181021130839j:plain

今回はまとめて購入

f:id:nagano07:20181021130909j:plain

f:id:nagano07:20181021130932j:plain

各獣将ごとで全5種類

パッケージデザインは当時のDXを模したものになっています

店頭で眺めるだけだったものがこの手に・・・・

お値段はそれぞれが税抜きで1100円と食玩にしては結構お高めです

っていうか当時のDXと値段ほとんどk(ry

こまけぇこたぁいいんだよ思い出補正はプライスレス!!

ってことで喜んで養分になってやりましょう

 

f:id:nagano07:20181021130921j:plain

ちなみに箱の裏はこんな感じ

ここまで当時のDXを再現しなくてもw

 

 

各獣将ごとみていきましょう

 

1、レッドサルダー

f:id:nagano07:20181021115538j:plain

 

f:id:nagano07:20181021115549j:plain

胴体部分とすね部分と頭部か塗装

サイズはSHODOぐらいかな、かなり小さいです

変形や可動を仕込みながらもプロポーションは中々良い感じ

そしてきちんと胴体の中に無敵将軍の頭が入ってます、これ当時の食玩では収納出来なかった記憶が(うろ覚え

f:id:nagano07:20181021120941j:plain

f:id:nagano07:20181021115639j:plain

きちんと武器も付属、主要な関節はほぼ可動するのでポージングも可能

獣将単体でもしっかり可動するとか・・・流石技の神将

 

2、ホワイトカーク

f:id:nagano07:20181021115700j:plain

f:id:nagano07:20181021115707j:plain

鶴姫さんの獣将

f:id:nagano07:20181021121009j:plain

f:id:nagano07:20181021115746j:plain

こっちもしっかり可動

 

3、イエロークマード

f:id:nagano07:20181021115947j:plain

f:id:nagano07:20181021115959j:plain

f:id:nagano07:20181021121103j:plain

頭部の塗装が細かい・・・

 

f:id:nagano07:20181021120050j:plain

脚担当組は膝の可動が特殊ですが

上半身は普通に可動しますしポージングも問題なく可能です

 

4、ブルーロウガン

f:id:nagano07:20181021115809j:plain

f:id:nagano07:20181021115825j:plain

f:id:nagano07:20181021121021j:plain

構造的にはホワイトカークと同様なんですが共通パーツは無いみたいです

f:id:nagano07:20181021115916j:plain

こちらもある程度の可動が可能

腕対応組はなにげに腰が回るのも嬉しいところ

f:id:nagano07:20181021113434j:plain
f:id:nagano07:20181021113444j:plain

ちなみにブルーロウガンにはコイツが付属

両面メッキですよ両面メッキ!

めっちゃ気合入ってますねコレ

 

5、ブラックガンマー

f:id:nagano07:20181021120120j:plain

f:id:nagano07:20181021120127j:plain

ケインコスギの獣将w

f:id:nagano07:20181021121037j:plain

f:id:nagano07:20181021120233j:plain

両手持ち可能なのは凄いですよね~

ただ組み立て途中で腕の軸がへし折れるという悲劇をうけました、余ったランナーで無理矢理新しいジョイントを作成して事なきを得ましたが

取り付け部がやたら硬かったりするので組み立てるときは調整したほうがいいかもです

なんか、今回全体的に精度が微妙な気が・・・細かいから?

 

 

f:id:nagano07:20181021120815j:plain

全獣将を並べるとこんな感じです、きちんとほぼ全部同じ大きさ

なんかOPにこんな画面あったような

f:id:nagano07:20181021120316j:plain

 

それぞれポージングさせて並べるとこんな感じ

なんていうか、今、平成何年なんだ・・・って思いがw

 

f:id:nagano07:20181021115501j:plain

んでもって合体!

 

f:id:nagano07:20181021114539j:plain

ほぼ劇中どおりに殆ど差し替え無しで合体形態に変形してくれます

イエロークマードとブラックガンマーの頭のみ取り外しで余剰になりますが

実は本体の中に収納スペースがあったりします・・・写真忘れたけどw

 

f:id:nagano07:20181021113627j:plain

f:id:nagano07:20181021113635j:plain

f:id:nagano07:20181021113652j:plain

f:id:nagano07:20181021113330j:plain

で合体させるとこんな感じです

控えめに言ってメッチャかっこ良い

劇中よりもスタイリッシュにはなっていますが、重厚感も失っていない素晴らしい具合に調整されています

色分けもほぼ完璧

胸のメッキが良い感じですよね~肩のしゃちほこ部分も分かり辛いですが金色に塗装されています

f:id:nagano07:20181021113414j:plain

獣将の余った武器は当時のDXよろしく合体可能

 

続いて本体の可動範囲

f:id:nagano07:20181021113715j:plain

f:id:nagano07:20181021113729j:plain

f:id:nagano07:20181021113906j:plain

f:id:nagano07:20181021113759j:plain

f:id:nagano07:20181021113807j:plain

腕は根元部分が二軸とボールジョイントでかなり柔軟に可動

肘や腕ロールも当然のようにあります、腰も回転可能

無いのは手首回転ぐらい・・・このデザインでよくもここまでって感じです

 

f:id:nagano07:20181021113944j:plain

f:id:nagano07:20181021114025j:plain

下半身のほうはこんな感じ、こっちも動きそうに無いデザインなのにかなり柔軟に動いてくれます

膝立ちできるとは思わんかったw

足首は引き出すことで可動範囲が拡大される近年良く見られる仕様ですね

 

ぶんどど

f:id:nagano07:20181021114117j:plain

f:id:nagano07:20181021113304j:plain

f:id:nagano07:20181021114250j:plain
f:id:nagano07:20181021114208j:plain

f:id:nagano07:20181021114352j:plain

f:id:nagano07:20181021113044j:plain

両手持ちで剣がもてるとは・・・・バンダイ・・・恐ろしい子っ!!

 

 

f:id:nagano07:20181021113330j:plain
f:id:nagano07:20181021120316j:plain
f:id:nagano07:20181021120941j:plain
f:id:nagano07:20181021121103j:plain
f:id:nagano07:20181021121009j:plain
f:id:nagano07:20181021121021j:plain
f:id:nagano07:20181021121037j:plain

ってことで スーパーミニプラ 無敵将軍でした~

大獣神やライブロボより単体でのお値段は上がってるんですが

メッキや塗装箇所の多さ、各獣将のギミックをほぼ完全再現(しかも殆ど差し替え無し

と値段上昇分を鑑みてもかなり気合の入ったキットだと思いうんでかなりおススメしたいんですが

そのクオリティゆえ、若干人を選ぶキットかもしれません、ミニプラというか

ブレイブガムに感覚が近いというかw

 

細かすぎるパーツ分けに精度が一部追いついてない気が

実際自分も一部組み立て時に破損させてちゃいましたし(汗

玩具慣れしてる人や破損してももアイエエエ!ニンジャ!?ニンジャナンデ!?ってならないで修正出来るって人にはめちゃくちゃお勧めなんで

興味ある人は是非!

っていうかこのクオリティでVRVロボが欲しいw

 

以前のレビュー品はこちら