MSS コマンドウルフ


本日はMSSのゾイド
1/144スケールのコマンドウルフをレビューしたいと思います
シールドライガーも中々のクオリティでしたが
共和国高速部隊の相棒ともいえる狛犬さんの出来はどうでしょうか
早速見ていきましょう


まずはパッケージ



ガンプラのHGとかよりちょっと大きめのサイズ
お値段は税抜きで3000円とちょっと安いMG買えちゃう価格・・
ただ中身はかなりスカスカなので精密感に価値を見出せる人じゃないと
ちょっと割高感を感じちゃうかもしれません






ランナーです
サイズがサイズなんでパーツはかなり細かめです
またMSSらしくランナー状態でパイプやシリンダー類は塗装されていて
一部のマーキングはタンポ印刷で再現されてます

ランナーだけみても素組みで組むだけでもかなりのクオリティが期待できそうですよね
さらに細かいマーキングは別に水転写デカールが付属



シールドライガーにもついていたジオラマベースも付属



ベースは接続パーツを使うことにより
他のMSS付属のものと接続することが可能です

ライガーのものと違ってコンパクトなものになっていて
ジオラマの場所も違ってますね・・・地味に高さが違うのが気になる・・




説明書はこんな感じ

このキットはスナップフィットのため接着剤不要です
つーかゾイドで接着しなきゃいけないのって、そんなに無いような


ということで完成




背中の砲台とかは一部デザインが変わってますが
プロポーションは本家とかなり近く、普通にカッコイイです
またランナー状態で塗装されてるだけあって組み立てるだけで色分けもほぼ完璧です






コクピットは開閉可能です




アレンジされた砲台は可動箇所が大分増えてますね


続いて本体の可動範囲


狼らしく首は上下に可動



胴体は3ブロックで構成されていて
それぞれボールジョイントで接続されています




なので体を丸めたり、伸びの姿勢も自然に取れます




また、前半身部分には引き出し式の関節があり
脚をクロスさせるポーズとかも可能・・・・凄い
また足首はボールジョイントなので接地も結構良いです
この辺もライガーより後発な分しっかり進化してますね




膝はこのぐらいまで・・こっちもかなり動いてくれます
動力無いのを差し置いても全体的に見て可動はかなり優秀だと思います

ぶんどど






カッコイイ・・・



ということで MSS コマンドウルフ でした
ライガーのときも思いましたが、箱や写真で見るのと実際組むのじゃ
感じる印象が全然違うものでした
可動範囲も相当広いですし、各部の塗装やタンポ印刷のマーキングが素晴らしい
サイズ的に精密感に価値を感じる人にはかなりおススメできるモデルだと思います

マジでシリーズ終わってしまったのが悔やまれますね
ブレードやアーコマが出てくれれば・・・


というか最近場所を取らないキットがかなりお気に入りになってきたような
他のMSSも場所取らなくていいから休み後半にでも組もうかな



おまけ



シールドライガー
当然ですが本家とほぼ同じサイズ比


本家と比較したかったけどアーバイン専用機しかなかったので変わりに
やっぱ小さいw


同スケールのガンプラ
マジで小さいんで精密感が半端無いです
でも箱は中身にたいしてデカすぎな気がしないでも無いですw

以前のレビュー品はこちら