1/144 ガンダムシュピーゲル

 旧キットのガンダムシュピーゲルをレビューするよ

パイロットは謎の覆面シュバルツ
普通に見たらただの変態ですが
劇中だとやたらかっこいいです
自分の好きな4文字熟語は当然、明鏡止水です


もうね、、最期のシーンとか今見ても泣ける・・・


キットレビューいきましょう

パッケージ
今回はドラゴンガンダムがディスられてます
税込525円、当然ですがパッケージサイズも一緒です
関係ないんですけど、シャッフル同盟の144シリーズの中でドラゴンガンダムだけ見つかんなかったんですよね
先にゴッド含めた6体でレビューしたかったんですけどねぇ
マスターとデビルもレビューしたいけど近所になかなか売ってないんですよ、通販で買うとなるとまとめ買いしなきゃ送料分まで浮きませんからね




えーと
説明書です


横開きの3面、Gガン144スタンダード仕様です


ランナー


ランナー自体は3枚、ポリキャップはGガン144共通品、シール数は少ないですが貼る面積は多そうですね
成形色は多色成形で全部で4色つかってますね、わざわざアンテナのイエローまで成形色で再現するとか流石です
当時のほうが多色成形を多様してるような気がしますね、500円クラスのランナーで2つもつかってますから



組み立て自体はいつもどおりスナップフィットです
切り離してハメルだけ、接着材もいらないからお子様にも安心
組み立て時間は30分ぐらいでした


設定画まんまのプロポーションですね
個人的には結構アリだと思います
成形色とシールでほとんどのカラーリングは再現されます、このサイズで足首の甲まで再現してくれてます
足りないのは肩とコアランダーの赤ぐらいかな


付属品
コアランダーのみ、ちゃんと変形が再現されてます
付属武装はシュピーゲルブレードのみですからね、飛び道具に頼らないとは、なんて漢らしい機体なんだろうか



可動範囲

肩アーマーがデザイン上、干渉しちゃいますんで90度までは開けませんね
干渉するまでは動かせます、地味に肩アーマーはアトハメ可能な仕様になってました
首はボールジョイントでかなり自由に可動します


肘です
90度には届かない可動範囲ですが、これだけ動けば十分かと



膝は二重関節で90度ぐらいまで可動
フロントアーマーと再度アーマーは独立可動
しますが若干ポロリが多めでストレスたまります
足首は前後方向には結構可動します


開脚と接地はこんな感じ
まぁ開脚はいつも通りですね
接地は意外に悪いです、足首がアンクルアーマーに干渉しちゃうんですね
まぁデザイン上仕方無い部分かと

あと残念ながらコイツも腰が回りません・・・



とりあえずブンドド

なんちゃって腕組み
・・・流石に無理がありますねw


シュピーゲルブレードの展開は再現されてます、ただ稼働部がプラ接続のためヘタリが心配ですね

ブレードは基部のサイズが持ち手と違うため普通に持たせることはできません
上に持ってる画像ありますが実際はバランスとって乗っけているだけです
手を開いて回ってたイメージのほうが強い機体なんですが、実際そのポーズをとらせようとすると間抜けなことになる気がするのでやってませんw
腰が動かないのはやっぱポージング的には痛いですね、あと接地がダメなのも

でもまぁ結構カッコいいから個人的にはアリです


ってことでガンダムシュピーゲルのレビューでした

色分けもそこそこされてるし、可動もそこそこ、パーツもそこまで多くないし、ギミックもある程度再現されてます
こいつも結構初心者にはお勧めできるキットだと思います


以前のレビュー品はこちら