ミニプラ EX マイクロ合体 キュウレンオー

f:id:nagano07:20170729200652j:plain

去年からはじまった新シリーズ、ミニプラ簡易版的なマイクロ合体のキュウレンオーが出てたんで買ってきました~

早速レビューしたいと思います

簡易合体ながら本家ミニプラへ勝るとも劣らない感じの出来ですよこれは

では

まずはパッケージ

f:id:nagano07:20170728220711j:plain

全6種類だったミニプラ本家と違いマイクロ合体のほうは全3種

劇中の着ぐるみベースの箱絵ってなにげに結構久しぶりかも・・

お値段は税抜きで278円と、全部集めても本家の半額以下という素晴らしい仕様です

そして分割は一切無し!

 

f:id:nagano07:20170728220730j:plain

f:id:nagano07:20170728220757j:plain

表と裏のパッケージデザイン自体は3種類とも共通で色だけ違う感じですが

上面は種類によってきちんと全部違ってます

色違うと店頭で分かり易くて良いですよね~

 

f:id:nagano07:20170728220831j:plain

ちなみに値段が安い分、本家よりパッケージは小ぶりになっています

 

f:id:nagano07:20170728220901j:plain

まぁ同じような値段だったキューザウェポンよりは小さいんですが

これはなりきり枠のほうがイレギュラーなんでしょうね~

 

続いてそれぞれの中身

 

1、シシボイジャー

f:id:nagano07:20170728221038j:plain

f:id:nagano07:20170728221102j:plain

これだけ単体です

成型色自体は3色で説明書は箱裏のいつものミニプラ仕様

シールは普通の紙シールですね、この辺は本家との差別化かな

続いて2、オオカミボイジャー&カメレオンボイジャー

f:id:nagano07:20170728221211j:plain

f:id:nagano07:20170728221249j:plain

こちらも成型色は3色、説明書は箱裏になっています

 

3、オウシボイジャー&カジキボイジャー

f:id:nagano07:20170728221351j:plain

f:id:nagano07:20170728221421j:plain

こっちもほぼ同様の仕様

今回はラインナップ全てが均等に分割されてる感じです

そして2体組みはお買い得感半端無いw

 

f:id:nagano07:20170728221500j:plain

f:id:nagano07:20170728221626j:plain

f:id:nagano07:20170728221535j:plain

ちなみにサイズの割りにはデティールがやたら凝ってます

これシールじゃなくてきちんと塗装すればマジで化けそう・・・

 

 

組み立て自体はスナップフィットとタッチゲートで工具すら不要で完成します

 

まずシシボイジャーから見て行きましょう

f:id:nagano07:20170729195145j:plain

f:id:nagano07:20170729195152j:plain

ミニプラと比較するとちょっと色が足りないけど

十分許容範囲かと

ランナー状態でも書きましたがモールドが凄い・・・

 

f:id:nagano07:20170729195212j:plain

またシシは合体には関係無いはずのキュータマ部分がきちんと取り外せるようになっています、ガチャだとオミットされてた部分だから、これは嬉しい

 

続いてオオカミボイジャーとカメレオンボイジャー

f:id:nagano07:20170729195229j:plain

サイズがサイズなんで二体とも可愛い

 

f:id:nagano07:20170729195315j:plain

f:id:nagano07:20170729195324j:plain

f:id:nagano07:20170729195333j:plain

カメレオンは口部分が可動します

 

f:id:nagano07:20170729195351j:plain

f:id:nagano07:20170729195400j:plain

f:id:nagano07:20170729195422j:plain

オオカミは顔部分が上下に上げられる他、回転が可能

あと後ろ脚がちょっと動きます、基本的には変形関節なんですが、表情付けは十分可能ですね~

 

f:id:nagano07:20170729195250j:plain

当然、この2体もキュータマ部分は取り外し可能

また接続は軸では無くボールジョイントで多少動くようになってます

 

 

最後にオウシボイジャーとカジキボイジャー

f:id:nagano07:20170729195441j:plain

f:id:nagano07:20170729195607j:plain

f:id:nagano07:20170729195617j:plain

f:id:nagano07:20170729195635j:plain

f:id:nagano07:20170729195524j:plain

f:id:nagano07:20170729195531j:plain

f:id:nagano07:20170729195555j:plain

f:id:nagano07:20170729195542j:plain

オウシもカジキも変形合体用の部分が可動

こちらも表情付けには十分な感じになっています

 

f:id:nagano07:20170729195506j:plain

当然キュータマも取り外し可能なんですが

オウシのみ後ろ脚のキャタピラがキュータマ部に接続される構造のため、ちょっと本家と違うかも、全体通してここだけ合体のときも差し替えになっちゃったりもします

 

f:id:nagano07:20170729195733j:plain

それぞれのキュータマだけでみるとこんな感じ

2パーツ成型で特にギミックは無いんですが、きちんと成型色で5色に分けられているのは素晴らしいと思います

 

f:id:nagano07:20170729195114j:plain

ボイジャーを並べるとこんな感じ

 

セイ・ザ・ドッキング!

f:id:nagano07:20170729200503j:plain

上でもちょっと書きましたがオウシの後ろ脚だけは差し替え、それ以外は本家やDX同様にきちんと差し替えなしで変形します

 

f:id:nagano07:20170729200559j:plain

f:id:nagano07:20170729200610j:plain

f:id:nagano07:20170729200619j:plain

f:id:nagano07:20170729200632j:plain

f:id:nagano07:20170729200652j:plain

完成!キュウレンオー!

マイクロサイズながらプロポーションが素晴らしい

色分けも何気に6色なんで下手なガンプラよりカラフルです

モールド自体はしっかりしてるんでシールじゃなくて塗装してあげれば本当に化けそう・・

 

f:id:nagano07:20170729201332j:plain

f:id:nagano07:20170729201423j:plain

f:id:nagano07:20170729201447j:plain

また本家同様にスクランブル合体が可能

劇中だとあんまり有効活用されていないような気がしますが

簡易キットながらきちんとこういうギミックが再現されているのは素晴らしいと思います

 

続いて可動範囲

こちらはやはり本家には劣りますが・・・

f:id:nagano07:20170729200722j:plain

腕の基部は普通の軸接続じゃなくてボールジョイントなので

 

f:id:nagano07:20170729200815j:plain

f:id:nagano07:20170729200836j:plain

キュータマ部分の接続部とあわせればここまで腕を動かすことができます

また、首は普通に回転可能

 

f:id:nagano07:20170729200939j:plain

脚は開脚可能な他

 

f:id:nagano07:20170729200918j:plain

f:id:nagano07:20170729200559j:plain

こちらも基部がボールジョイントなのでハの字にしたり、素立ちがしっかり決まるように出来ています

・・・・流石にミニプラ本家にはかないませんが去年のマイクロ合体よりはかなり可動が充実している感じです

 

ぶんどど

f:id:nagano07:20170729201220j:plain

f:id:nagano07:20170729201020j:plain

f:id:nagano07:20170729201146j:plain

f:id:nagano07:20170729201723j:plain

f:id:nagano07:20170729201116j:plain

f:id:nagano07:20170729201624j:plain

f:id:nagano07:20170729201911j:plain

f:id:nagano07:20170729201545j:plain

割と・・・っていうか普通にポージングできますw

あんまり無理な動かし方するとキュータマ部分から外れちゃいますが

これはホント凄い・・・・

 

f:id:nagano07:20170729200652j:plain

ということで ミニプラEX マイクロ合体 キュウレンオー でした

DXで出来ることが電飾以外にしっかりできる上に、可動もDX以上

色分けも食玩としてはかなり高レベル・・・本当、実に素晴らしいキットだと思います

分割も無いですし、2種類にいたっては2体セットというプレイバリュー・・・複数買いたくなってきますw

込みこみ900円以下でここまで遊べる食玩は中々無いので是非w

次のマイクロ合体にも今から期待が高まります、中の人には上司に怒られない程度にやりすぎて欲しいですね~

 

おまけ

f:id:nagano07:20170729195840j:plain

せっかくなんでミニプラと比較してみましょう

 

f:id:nagano07:20170729200128j:plain

f:id:nagano07:20170729200210j:plain

f:id:nagano07:20170729200235j:plain

f:id:nagano07:20170729202034j:plain

やっぱミニプラ本家はやりすぎw

比較するとマイクロ合体のほうは、なんというか自分が子供の頃の食玩ってこんな感だったなぁ・・・・ていう感想が、いい意味でノスタルジーを感じるというか(勿論当時のより全然良くできてるんですが

森永チョコスナックをカラフルにして可動をちょっと追加したらこうなりました的な

最近の出来が良過ぎるのを見てると食玩とは本来こういうものだったなっていう感覚を思い起こさせてくれる感じの良さもあると思いますw

この仕様本当に良いと思うんで今後も是非続けてもらいたいな~

 

以前のレビュー品はこちら