1/144 ミレーヌバルキリー


マクロスΔも始まったことだし
今回は旧キット番外編
マクロス7よりヒロイン機体、ミレーヌバルキリーです

早速見て行きましょう

まずはパッケージ




変形ギミックが無い代わりにファイターモードとバトロイドモード2体セットのお買い得仕様みたいです
ガウォークは・・・完全に無かったことにw

お値段は税抜き500円





ランナーです
成型色は3色でパーツ数はそこそこ多めですかね
色分け再現用にホイルシールも付属してますが塗装必至かも
ファイターモードのキャノピーはクリアパーツ、この値段では珍しいかな
関節はGガンダムの144シリーズのPCを流用してるみたいです




説明書はコンナ感じ
PC同様に同時期のGガンダムシリーズと似たようなデザイン
機体解説とカラーガイドが載ってます


このキットはスナップフィットなので今のキットと同じように接着剤不要で完成します



完成〜
組み立て時間は2体合わせても40分程度でした
非常にサクサク組めるキットだと思います

まずはファイターモードの紹介






流石にエッジはダルイですが
変形しないぶんプロポーションは中々いいです
きちんと塗装してあげるだけでも十分みれそう


背面下面もきちんとモールドが入ってますがランディングギアは展開状態しか付属していません
ちょっと残念かな

キャノピーはクリアパーツ
うっすらとパイロットらしきものも確認できます


続いてバトロイドモード


GガンダムシリーズのPCを流用しながら上手いことスマートなラインを出そうと頑張ってる感は伝わってきますが
やっぱちょっと今の目で見ると厳しいかも

ポリ丸だしは時代的に仕方ないですね
あとファイターモードでも感じたけど色が足りないw



付属品はランチャーポッドと差し替え用のスピーカーポッド




スピーカーポッドは差し替えで開閉状態を選択
アフロダイといい女パイロットキャラだと何故この位置に武装を・・・
子供向けだと絶対に玩具が売れない一因な気が・・・


続いて可動範囲


肩はここまで



肘はここまで
結構しっかり可動する感じです



開脚と接地はこのぐらい



また膝から下には回転軸もあるので軽く捻る程度の可動なら可能


膝はこんな感じ

腰はデザイン的に可動箇所すらありませんが
全体的に見ると時代的には良く動くような気がします

ぶんどど








安価キットなわりにはかなり動く印象
ただマクロスって基本的に飛び回ってる印象しかないので
やっぱスタンドが欲しいですw



ということで 1/144 ミレーヌバルキリー でした
ガウォークモード無し、変形無し、ランディングギア展開無しと、かなり割り切った仕様ですが
バトロイドモードはきちんと可動するし、ファイターモードではキャノピーがクリアパーツだったりと
500円で2体セットとしては凄いお買い得な感じがするキットだと思います
きちんと仕上げると両形態とも作り応えもありそうですし

Δでもジーナス血統がでてきてるみたいなので興味のある方は是非w




おまけ


テキトーに同スケールMS比較
バルキリーのほうが小さいんですよね



以前のレビュー品はこちら