1/144 HGUC REVIVE キュベレイ


頑張って積みを崩そうキャンペーン
今回は最新のHGUCキュベレイをレビューしたいと思います
キュベレイ結構好きなんですが
流石に今の目で見ると厳しいキットばっかで手が出し辛かったんですよね〜
今回REVIVEされたキットがどんな感じかさっそくみていきましょう

まずはパッケージ

コンナ感じです
1/144キットとしてはかなり箱が分厚いタイプですね
1/100のバルバトスとかよりちょっとだけ薄いぐらいのサイズ
それでもお値段は税抜きで1800円と結構リーズナブルな気がします

最新キットなんで当然スナップフィット、関節部は例の柔らかプラが多用されていて
組み易さも大分あがってるんじゃないでしょうか




ってことで完成〜パーツ状態でも感じましたが組んでみると尚更ボリュームに圧倒されます

そしてプロポーション、色分けともに流石最新キットって感じですね
ピンクのラインがほぼ全てパーツで色分けとか・・・マジでバンダイ脅威のメカニズム

コメントでも指摘されましたが袖の部分は見える状態がデフォルトみたいです
ここでは間違って全部見えない状態になってますので、ちゃんとしてるとまた印象が変わるかも




モノアイ?は流石にシール再現ですが
一応二色から選択できるようになってます


付属品は結構シンプル
サーベルの刃と握り手ぐらいですね
ハマーン様は余計なモノつけない主義なのがはっきり分かりますw

続いて可動範囲を見て行きましょう


コクピットはこんな感じで可動



飛行ポーズ再現のために首はここまで上が向けるようになってます




バインダーの接続部は多軸の関節パーツで繋がっていてかなり自由に動かせます
また接続部は全てが例の柔らかプラみたいですね
組んだ段階では全く問題ありませんでしたが経年でのヘタレがちょっと怖いかも



指は4本一体成型になってるんですが切り離せば5本指がそれぞれ可動するようになって表情付けの幅が広がります
キュベレイの場合サーベルぐらいしか手持ち武器が無いので保持力気にせず切り離したほうが個人的にはおススメ



肩の開きはこのぐらい
こちらも見た目以上に可動してくれます



肘は二重関節でここまで可動



引き出し式にすることで可動範囲を確保しつつ見た目も犠牲にしていません
このデザインでこれだけ動くとか、バンダイすげぇ






腰は左右のほか前後にも可動





腰のバインダーもしっかり可動
写真忘れたけどファンネルは一つ一つ別パーツです
きちんと仕上げる人はゲート処理とか塗装が結構大変かもw




開脚と接地はこんな感じ
最近おなじみの軸関節なんで開脚性はかなり高いです
デザインを考えると接地もかなり優秀な部類かと


膝も二重関節でここまで可動
全体的にみてもかなり動くキットみたいですね

ぶんどど













ハマーン様・万歳!!

って感じのキットですな
マジで素晴らしい


ということで 1/144 HGUC REVIVE キュベレイ でした〜
最新キットらしく組み立て易さ、色分け、可動ともに良好で
ボリュームの割りにお値段もリーズナブルなのでかなりおススメです
ハマーン様親衛隊の人は是非w

赤や黒にするために3体買ってもいいかもw
パーツ分け優秀なんでランナーごと塗装でもそこそこ見えそうな気がします


以前のレビュー品はこちら