玩具レビューメインのブログです
タイトルは気にするな!
車関連の記事まとめはこちらから→ 愛車維持関連
過去のレビュー品やガンプラ旧キット素組レビューの一覧
はこちらから→ 玩具レビュー一覧
当ブログはリンクフリーです、寧ろ拡散・・・してくれてもいいのよ?

HG 1/144 百錬


新年一発目のレビューは旧キットじゃなくて
今更感漂うHGの百錬ですw
申っぽいMSって事で・・・(苦しいかな

早速見て行きましょう

まずはパッケージ

鉄血シリーズらしく薄いパッケージ
お値段も税抜き1000円と最近のキットとしては非常にリーズナブル




ランナーはこんな感じで
やはり多色成型は使われておらず小さいランナーを多用することで色分けを再現してるみたいです
こちらのほうがコスト的に安くできるんですかね




説明書はコンナ感じ
最新キットなんで接着不要で完成します




完成〜
プロポーション色分けともに凄いですね
とても1000円のキットとは思えない
やはり最新キットは凄い


付属品はこれだけでした


剣は鞘からはずすことができますが
結構タイトなんで塗装は控えたほうがいいかも
あと腰の後ろにマウント可能


可動範囲


肩はコンナ感じで可動します
可動範囲自体は結構広いんですが
範囲を超えて無理やり動かそうとすると結構頻繁に根元から外れちゃうんでちょっとストレス



肘は鉄血シリーズでは珍しい二重関節になってます
180度まで可動



ただ肘の稼動範囲は広いんですがデザインの関係で上腕のロールが干渉しちゃいます
ここはガシガシ遊びたい人はちょっと気になるかも





腰はボールジョイント2つで接続
最近のスタンダードみたいな可動ですね、こちらも可動範囲は中々広いです



続いて開脚と接地
グレイズのときも感じましたが今回のHGシリーズはかなり接地を重視して作られてる気がします
コイツもデザイン的に殆ど接地しないと思ってたんですが良い意味で裏切られました
ホント良く考えられてます


膝も膝立ちが出来るぐらいの可動範囲はあります
ちょっと腰アーマーが外れやすいかも

全体通して見るとかなりの可動範囲を確保してるキットみたいです
ぶんどど

















腕のロールが干渉するのが気になりますが
この可動範囲のキットが1000円・・・鉄血シリーズ恐るべし




ということで HG 1/144 百錬 でした〜
上腕の干渉だけはちょっと気になりましたが
そこを抜きにしなくても鉄血シリーズに外れ無しって感じでかなりの良キットです
付属品が少ない分本体のボリュームは結構ありますし
可動、プロポーション、色わけともども最新キットらしく高度にまとまっているんで
デザインで毛嫌いしてる人にも是非おススメしたいキットですね

流石にコイツは1/100期待できないかなw


以前のレビュー品はこちら