玩具レビューメインのブログです
タイトルは気にするな!
車関連の記事まとめはこちらから→ 愛車維持関連
過去のレビュー品やガンプラ旧キット素組レビューの一覧
はこちらから→ 玩具レビュー一覧
当ブログはリンクフリーです、寧ろ拡散・・・してくれてもいいのよ?

HG 1/144 ガンダムバルバトスルプス

 

f:id:nagano07:20161002150154j:plain

鉄血のオルフェンズ第二期の初期主役機体

ガンダムバルバトスルプスが発売していたので買ってきました

ちなみに記事かいてる時点では未見ですw

キットのほうは1期は素晴らしいものが多かったですが、2期シリーズのキットはどうなるのか

早速見て行きましょう~

 

 

まずはパッケージ

f:id:nagano07:20160930213853j:plain

f:id:nagano07:20160930213910j:plain

f:id:nagano07:20160930213928j:plain

f:id:nagano07:20160930213919j:plain

1期のバルバトスとほぼ同じサイズですね

今回からパケ横の説明に英語翻訳が追加されてます、海外展開する気まんまんですな

お値段は税抜き1000円

安い!

主役機だからできる薄利多売戦術ですかね、消費者にとっては嬉しいですがw

 

f:id:nagano07:20160930214000j:plain

f:id:nagano07:20160930214022j:plain

f:id:nagano07:20160930214043j:plain

ランナーは3枚、ランナーを細かく分けていたバルバトスと違って

多色成型が使われていてランナー数は3枚におさまっています、なにげにKPSと普通のプラが同時成型できることに驚いたんですが・・まぁ昔はPCも同じランナーとかやってたっけ・・・

成型色自体は同じ色数かな、今回は色分けに拘ったらしいんですが

元々配色が複雑なのもあってかシールは割りと多めのほうかと思います

 

フレームはガンダムフレーム4、ここは1期のキットの流用ですね

ポリキャップも当然1期と同じもの

 

 

f:id:nagano07:20160930214449j:plain

説明書、こちらもパッケージ同様に英語での解説が追加されてます

このキットはスナップフィットなので接着剤不要です

ニッパーだけあれば完成させることが容易

 

ってことで完成

 

f:id:nagano07:20161002150000j:plain

f:id:nagano07:20161002150009j:plain

f:id:nagano07:20161002150022j:plain

f:id:nagano07:20161002150016j:plain

f:id:nagano07:20161002150131j:plain

ヒロイックっていうよりどっちかっていうとヒール側のデザインですよねコレ

プロポーションはかなりいいです、色分けもシール部分が多いものの元の配色が複雑なだけであって、今までに比べると格段に進化しています

ちなみに組立て時間は1時間30程度でした、鉄血系のフレームキット組み慣れている人はもっと早く組めるかもw

 

f:id:nagano07:20161002150154j:plain

f:id:nagano07:20161002150206j:plain

顔や肩の鉄華団マークなどかなり細かい部分までパーツ分け

 

f:id:nagano07:20161002150221j:plain

f:id:nagano07:20161002150229j:plain

f:id:nagano07:20161002151445j:plain

シール処理が目立つのは脹脛のスラスターとサイドアーマーの青い部分

足首の後ろの赤い部分、バックパックの黒い部分、膝の電源みたいなマークですかね

最近のキットにしてはちょっと多いかもって感じですが、細かいとこばっかなので全然許容範囲だと思います

 

f:id:nagano07:20161002150520j:plain

f:id:nagano07:20161002150531j:plain

付属品は割とシンプル

ソードメイスと角度付きの持ち手

あとはアクションベース接続用のジョイントパーツになります

 

f:id:nagano07:20161002150253j:plain

f:id:nagano07:20161002150243j:plain

メイスはバックパックにジョイント可能

 

f:id:nagano07:20161002150315j:plain

f:id:nagano07:20161002150404j:plain

ジョイントパーツは別売のオプションキットを接続するときに使用します

 

続いて可動範囲

f:id:nagano07:20161002150858j:plain

f:id:nagano07:20161002150910j:plain

f:id:nagano07:20161002150917j:plain

f:id:nagano07:20161002150946j:plain

f:id:nagano07:20161002150954j:plain

f:id:nagano07:20161002151009j:plain

f:id:nagano07:20161002151016j:plain

フレームは共通なんで当然っちゃ当然なんですがバルバトス同様かなり優秀

また、肩パーツも干渉しないようにうまく逃げてくれます

 

 

f:id:nagano07:20161002151028j:plain

f:id:nagano07:20161002151035j:plain

肘も1軸ながら90度以上可動

 

f:id:nagano07:20161002151106j:plain

f:id:nagano07:20161002151055j:plain

腰も前屈できます

 

f:id:nagano07:20161002151132j:plain

f:id:nagano07:20161002151214j:plain

開脚と接地

股割きでも接地するという・・恐ろしい可動範囲

 

f:id:nagano07:20161002151251j:plain

f:id:nagano07:20161002151258j:plain

f:id:nagano07:20161002151305j:plain

サイドアーマーも干渉しないようにある程度は可動可能

ただ若干ですが接続が甘くポロリしやすいかもしれません

 

f:id:nagano07:20161002151429j:plain

膝は二重関節で正座ができるぐらいかな

f:id:nagano07:20161002151445j:plain

つま先もしっかり可動

やっぱこのシリーズの可動性能は凄まじいですな

 

ぶんどど

f:id:nagano07:20161002151812j:plain

f:id:nagano07:20161002153320j:plain

f:id:nagano07:20161002151557j:plain

f:id:nagano07:20161002152410j:plain

f:id:nagano07:20161002152557j:plain

f:id:nagano07:20161002152650j:plain

f:id:nagano07:20161002153014j:plain

f:id:nagano07:20161002152805j:plain

f:id:nagano07:20161002153047j:plain

f:id:nagano07:20161002152213j:plain

f:id:nagano07:20161002151931j:plain

f:id:nagano07:20161002151946j:plain

f:id:nagano07:20161002152051j:plain

f:id:nagano07:20161002152035j:plain

元のバルバトスでも優秀でしたが

こちらも負けじ劣らず優秀です

こんだけ軽々超可動しちゃうと次のキットのハードルが上がっちゃうんじゃないかと余計な心配をしてみたりw

 

f:id:nagano07:20161002150131j:plain

ということで HG 1/144 ガンダムバルバトスルプス でした

色分け、可動、価格 どれをとっても新主役機に相応しい素晴らしいキットだと思います

皆もガシガシ弄りながら放送を楽しみましょう!

 

 

おまけ

f:id:nagano07:20160930214129j:plain

f:id:nagano07:20160930214303j:plain

初回特典版ってカードやら冊子やら色々ついてきて凄いお買い得感高いですよね

今回も例に漏れず色々付いてきました、結構ネタバレしちゃってるようなw

 

f:id:nagano07:20161002150701j:plain

f:id:nagano07:20161002150806j:plain

f:id:nagano07:20161002150732j:plain

最初のバルバトスさんと比較

フレームはほぼ共通みたいなもんですが外装は完全新規ランナー

並べると似てるけど全く別物だってのがよく分かります

というか今回のルプスはかなり大きいですね

1/100とかどんなサイズになるんだろう、ちょっと楽しみw

 

以前のレビュー品はこちら