玩具レビューメインのブログです
タイトルは気にするな!
車関連の記事まとめはこちらから→ 愛車維持関連
過去のレビュー品やガンプラ旧キット素組レビューの一覧
はこちらから→ 玩具レビュー一覧
当ブログはリンクフリーです、寧ろ拡散・・・してくれてもいいのよ?

1/100 ガンダムバルバトス


一応パチ組が終わったので
完全に旬はずれてますが簡単に紹介したいと思います


まずはパッケージ




箱はHGみたいな薄い感じじゃなく厚みのあるタイプに
TV版の1/100はターンエーあたりからこのタイプが主流でしたよね
お値段税抜きで2500円・・最近のキットだと考えるとマジで破格
初期MGと同じお値段です






ランナー
1/100では多色成型技術が使われていました
色数も多いんですがシールも結構多め
このへんは主役機の配色的に仕方無いのかと





説明書は冊子タイプ
劇中説明等も多少かかれてます
面白いのは組み方
MGとかと違ってフレームを組み立ててから完成するようになってます
せっかくフレーム再現されてるキットなんで個人的には嬉しい仕様でした

MGやPGだと説明書どおり組んでくとフレーム状態にはまずならないですから
このキットはスナップフィットなんで接着不要で完成します





組み立て時間は・・・細かく組んでいったのでちゃんとは分かりませんが
普通に組んでも2時間ぐらいじゃないでしょうか、大きさの割には組み立て易いキットだと思います
プロポーションはHGよりもマッシブになった感じがありますが
普通にカッコイイと思います




顔の色分けとかパーツ単位でこれ、凄まじいですね・・・けどちょっとマスク部の接合ゆるいかも
色分足りなくて気になるのは肩アーマーと電源みたいなモールド部分と武器の一部の白ぐらいですかね
一応シールでは補完されてるので値段考えると十分すぎるレベルだと思います



付属品
平手と滑空砲、太刀
・・・・メイスは?
このキット一番の不満点はメイスが付属しないこと、劇中であんなに活躍するとはバンダイさんも予想してなかったんじゃないのかと




滑空砲はHGと違って差し替え無しで展開が可能



展開時はバックパックのほうもアームを差し替えで再現できます





続いて可動範囲




肩アーマーは胴体側に接続されているので
腕の可動を妨げないようにできています
また肘はデザイン的に1軸の関節かと思いきや二重関節
広い可動範囲を確保しています




バックパックはスラスター部も可動







腰はねじりや前後に可動してくれるんですが
回転はHGのほうが優秀かも、一旦浮かして取り付けなおせばもっといけるんですが
接続部が非常に心もとないので、白化しそうで怖い


開脚と接地
こっちはHGと同様ぐらいですかね
サイズ考えると凄い動くほうだと思います



膝や脚の前後はコンナ感じ
頑張れば膝立ちも出来ちゃいます

総じて可動範囲は広いキットみたいです
ぶんどど













これが2500円・・・良い時代ですな・・・



ってことで 1/100 ガンダムバルバトス でした〜
肩の黄色や武器の白い色分けが無いのなんかホント些細な事だと思えるぐらい
この値段でこれは凄いって印象しか無い良キットでした
マジでバンダイさんの気合が伝わってきます、おススメですよ

おまけ




中の人はこのぐらいまで再現されてました



初期MGより全然しっかりしたフレーム構造なんですよね
技術の進歩ってスゲーよな



HGと二つ買っても3500円
安いことは良いことだw



以前のレビュー品はこちら