1/144 水中型ザク


今回はMSVシリーズより 1/144 水中型ザク 英語読みだとザクマリンタイプ
の旧キットを紹介したいと思います

MSVシリーズのザクシリーズって良くも悪くも殆どが完成されてるイメージなんですが
ある意味キワモノの水中型設定のこのキットも例に漏れずそんな感じなのか・・・
早速見て行きましょう



まずはパッケージ




いかにも潜ってます感あふれるパッケージデザイン
しかし宇宙いけるんだから水中ぐらい余裕そうって思っちゃうのはニワカだからですかねw
お値段は税抜きで500円、大体当時の平均価格



ランナーです
基本的にザクなんだからパーツ数は似たようなもんかと思ってたら
かなり細かいです、ランナーだけじゃどこに使うか分からないパーツもちらほら
・・・・ただ成型色自体は旧キットらしく単色なんで塗装は必須ですね


MSVらしくデカールも付属
今回も貼らずにレビューしたいと思います





説明書
MSVらしく劇中設定がかなり細かく書かれています
そしてまさかのレッドドルフィン所属機とのコンパチ仕様でした
箱の写真に写ってないパーツが入ってるのはお買い得感高いですよねw


このキットは接着仕様の旧キットなんで
別途接着剤が必要です、他は今のキットと同じように説明書どおり組めば完成





組み立て時間は1時間30ぐらいでした
意外に細かいパーツが多いので結構組応えのあるキットだと思います
プロポーションは今見ても結構良い感じなんじゃないかと個人的には思いますね
色分は・・旧キットは仕方無いですが設定色自体はそんな複雑じゃないんで塗装も割りと楽じゃないかと
肩アーマーと胸装甲?が鋳造表現の梨地加工
肩は合わせ目処理が大変かも


附属品その1
ロケット砲と替えの手首になります
武器握り手は右しかありませんが
平手はかなりあり難い、何気に左は指差し造形になってて汎用性も高そうです
またロケット砲はフォアグリップが可動、そしてなんと弾部分が一つ一つ別パーツでした、めっちゃ細かいw
当時ミリタリーモデルを意識してたんだろうなぁってのが伝わってきて面白いですね
今だったら絶対一発成型で終わりそうな箇所です



附属品その2
増加兵装と関節用シーリングパーツですね
レッドドルフィン所属機にしたい場合はこちらを取り付けるみたいです
基本的に接着仕様なんで後で脱着とかは不可、組み立てる時に選択するコンパチとなります
また関節用シーリングパーツは装着すると可動範囲が狭くなってしまう模様
今回は使わずに普通ので組むことにします



可動範囲


バックパックの舵?部分も可動します



MSVらしく首は上下に可動
全く関係ないけどモノアイつけないと
ヒーロー物のマスクみたいでザクらしく無くカッコイイ気がしますw
オレンジに塗ればメトロイドのアレにも見えなくないような



肩はここまで
肩アーマーも別パーツでかなり可動範囲は広いです




MSVらしく前後可動もアリ





肘はコンナ感じ
こっちは当時の平均ぐらいですかね
今の目で見るとそこまで広くはありません
また両方向に曲がりますw




開脚と接地はこんな感じ
当時の平均からすれば結構優秀なほうだと思われます


膝や足の前後可動はこんな感じ
ここは時代なりですかね



ぶんどど








水中型らしいポージングが全く取れないw
けど指差し手が中々いい感じかと
ちょっと武器の取り回しが厳しいですが
きちんとしてあげれば普通にカッコイイです、なんかメトロイド的なかっこよさが

キワモノ設定の癖にw


ということで 1/144 水中型ザク でした
水中型とかキワモノ設定のザクなんであんまり期待してなかったんですが
最初に書いたとおりMSVのザクって事で完成されてる感じのクオリティでした
可動範囲もそこそこですし、値段の割りに追加パーツも豊富でかなりお買い得なキットだと思います



おまけ

個人的な良キット基準

どんなポーズでもいいから片足立ちできるかどうかw
元の体型に無理があるやつはこの限りではありませんが

開脚関節が無い旧キットでも片足立ちできるやつあるんで
全体のバランスが良いからだと勝手に思ってます



(^Д^)9mプギャー
に見えなくも無いw


以前のレビュー品はこちら