玩具レビューメインのブログです
タイトルは気にするな!
車関連の記事まとめはこちらから→ 愛車維持関連
過去のレビュー品やガンプラ旧キット素組レビューの一覧
はこちらから→ 玩具レビュー一覧
当ブログはリンクフリーです、寧ろ拡散・・・してくれてもいいのよ?

1/144 Zタイプザク


ジオング・・・?いいえザクです

ってことで今回は一風変わった設定のZタイプザクの旧キットをレビューしたいと思います

MSV時代のキットしか出てないから旧なのかは謎ですがw

シリーズ的に出来がいいモデルが多いのでコイツもどんな感じなのか非常に楽しみです
早速見て行きましょう



まずはパッケージ



ZEONG TEST BASE の頭文字をとってZタイプザクなんですね
テストベースの頃は足は飾りじゃなかったみたいです
お値段は税抜きで600円、MSVの144キットとしては平均的な値段ですかね





ランナーとデカール
バーニアみたいな細かいパーツも多いですが割りと大柄なパーツ目立ちますね
成型色は1色のみで塗装は必須です




説明書は珍しく白黒

機体設定等が書かれてないんですが





変わりにデータシートみたいなものが付属
こちらにかなり細かく設定等が書かれてます
ガンキャノン2とかにもありましたよね、ただザクタンクには付いてなかったり
ちょっと付属基準がよく分かりませんw


このキットは接着仕様なので接着剤が別途必要になります
その他は今のキットと同じように切り離して説明書どおり組み立てるだけで完成





組み立て時間は1時間程度でした
パーツもそこまで多くないのでサクサク組めるキットだと思います
プロポーション・・・どうなんだろうコレ
元々特徴的な体型なんで何とも言えませんw

色分はウン、頑張って塗装しましょう






各部のバーニアは殆どが別パーツで再現されてます
付属品も無いんで
ここぐらいしかこのキットの特徴、書く場所が無かったり


可動範囲


首は左右のほか、上下にもある程度可動



またジオングで特徴的だったモノアイレールの造形もしっかりなされてます
ジオングでは一体成型でしたが上部分は別パーツになって立体感がアップしてますな




肩はここまで
ここは平均的ですかね




肘はこんな感じ
逆側にも
結構可動します、まぁロボットの関節に制限を設ける必要性は無いわけですから
割と理にかなった設計なのかも



手首はジオングみたいなメガ粒子砲仕様
ただ角度がなんか微妙で、今一ポーズが付け辛いです



MSVシリーズの肩の前後可動も可能
なんですが、接続が浅いのか結構肩ごと取れやすいです、この辺は金型の劣化もあるんでしょう



続いて下半身


開脚と接地はこのぐらい
時代を考えれば優秀な部類かと




また当時の144キットとしては珍しく足首に左右スイングがあります
足は飾りじゃなかったんや



足の前後や膝はこんな感じ・・・やっぱ足なんて飾りですよ偉い人にはそれが(ry




ぶんどど







うらめしや〜

・・・う〜ん、このw





ということ 1/144 Zタイプザク でした
グフフライトタイプと同様、元の設定が無茶すぎるんじゃないかとw
それでもキットの出来的にはシリーズの平均的なレベルではあると思うので
キワモノ好きな方は是非
手首だけでもなんとかすればまだ見れるようにはなると思うんで



ジオングと一緒に買って並べとくのも面白いかもしれません




おまけ

何気に定価もおんなじだった気がする本家さん
・・・あんまし似てないような

ボリューム的には本家ジオングのほうが大分上な気がします
足無くてもデカイw



以前のレビュー品はこちら