玩具レビューメインのブログです
タイトルは気にするな!
車関連の記事まとめはこちらから→ 愛車維持関連
過去のレビュー品やガンプラ旧キット素組レビューの一覧
はこちらから→ 玩具レビュー一覧
当ブログはリンクフリーです、寧ろ拡散・・・してくれてもいいのよ?

掌動SHODO 仮面ライダーVS


へ〜ん、し〜ん!!


ってな感じでちょっと気になる食玩が発売されてたので
仮面ライダーVSと言って仮面ライダー版アサルトキングダム的な感じみたいです
とりあえずお試しってことで一つだけつまんできたので軽くレビューしたいと思います

まずはパッケージ




ブラインドではなく一目で何が入っているか分かる仕様
箱横に実寸で書かれてるのはアサルトキングダムと同じですね、全長約100mmとなっています
ミクロマンサイズかな

ラインナップは全4種類となっていますが他の種類は名前があるだけで写真すら載ってません

しかし全部昭和ライダーとは、おっさん世代をターゲットにしてるの露骨ですなぁ
そのためか、お値段は税抜きで500円と食玩としてはちょっとお高め
似たような仕様のMRSも出た当初はそんぐらいだったような・・・あっちはブラインドだったっけ・・うろ覚え

今回は資金難からとりあえず旧1号だけをチョイスしました

中身

一部組み立て式となってます
この辺はアサルトキングダムと同じ仕様ですね


箱裏には組み方が・・裏面は共通みたいです





組み立てるとこんな感じ
複眼とかは塗装ですがしっかり塗られてるのでそこそこのクオリティに見えます
背中にはスタンド用かは分かりませんが軸穴がありますね
ただ3mmより微妙に太い模様、この辺は精度なのか敢えてなのかがちょっと謎



付属品は替えの手首と、それをつけておくスタンド
なんかこうやってみると先鋭的なアートに見えなくも無いですw
ちなみに組み立てミスを防ぐためか手首は左右で軸系が違ってます
無理やりハメようとすると破損・・というかねじ切れる可能性があるんでココは注意かも



足首につけて自立の補助にすることも可能




結構アレなポーズでも支えられます


可動範囲









首と肩はボールジョイント
肘や膝は1軸関節なんですが90度以上可動
股関節は最近の可動フィギュアでおなじみの構造で胡坐も余裕
腰関節が無いのは残念ですが胸部分のボールジョイントである程度の表情付けが可能になってます


ぶんどど











本編見たこと無いからポージングがアレですが
500円の可動フィギュアとしてはかなりの可動を誇ります
これはデスクにおいてガシガシ弄りたくなる・・・・
会社のデスクに置いとけば上司が食いつくかもw



ということで 掌動SHODO 仮面ライダーVS でした
アサルトキングダムで培った技術がいかんなく発揮されてる感じで
低価格の可動フィギュアもここまで来たかって感じです、おススメですよ〜
ただラインナップは平成も混ぜて欲しかったかもw


おまけ

参考にならないサイズ比較



ライダーさんなんで、そこらへんにあったバイクに


バイク・・・?


鎧武も乗ってたし馬でも問題ないよねw




ちょうどいいサイズの車も発掘



ライダーなのに車に乗るなんて・・・特状課は許す



スペース的にやっぱり乗れませんでしたとさw

以前のレビュー品はこちら