玩具レビューメインのブログです
タイトルは気にするな!
車関連の記事まとめはこちらから→ 愛車維持関連
過去のレビュー品やガンプラ旧キット素組レビューの一覧
はこちらから→ 玩具レビュー一覧
当ブログはリンクフリーです、寧ろ拡散・・・してくれてもいいのよ?

1/100 HG ライジングガンダム


今回は機動武闘伝Gガンダムよりヒロイン機体の
HG 1/100 ライジングガンダムをレビューしたいと思います
平成HGは基本的にハズレが無い上、144キットもかなりの良作だったので
このキットも期待ですね
早速見ていきましょう


まずはパッケージ




黒を基調としたHGらしいデザインですね
当時の1/100の平均サイズぐらいで
お値段も当時平均の税抜き1500円・・・・下手したら最近の144HGよりも安いぐらいです





ランナーです
意外に色プラでは無くシステムインジェクション仕様
塗装派は苦労しそうな感じですね
あとここまでのランナーはシャイニングガンダムの流用で




こちらが入れ替わった+追加されたランナーになります
成型色自体は多めですがシールも多めかも






説明書は冊子タイプ
中には劇中設定等が結構細かく書かれてます・・・レインはパイロットスーツのほうが(ry


このキットはスナップフィットなので今のキットと同じように接着剤不要で完成します
ということで完成




組み立て時間は2時間ぐらいでした
プロポーション・・・かなり良いんじゃないでしょうか
流用キットの為とてもヒロイン機体とは思えないぐらいマッシブでカッコイイ
色分けも成型色とシールで必要十分です


付属品

ライジングシールド
ビームボウ、ナギナタ、マシンガンとかなり豊富です


ビームボウは144キットと違い差し替え無しで変形可能

ただ流石にライジングシールドは設定に無理があったのかHGでも差し替え(入れ替え)再現になってます





コアランダーも設定通り取り外し可能



キャノピーはクリアパーツで再現
システムインジェクションでやたらカラフルになってます


続いて可動範囲


肩はこのぐらい
ちなみに基部はボールジョイントなんで多少には前後上下に可動することが可能
流石に今のキットほどは動きませんが





肘は二重関節でここまで曲がります
ただ時代的にポリキャップは丸出しでロール軸もそこで兼任


手首も保持力が残念な可動指
ここらへんは時代を感じるかもしれません



腰はちょっと残念な感じ
可動箇所はあるんですが、アーマーに思いっきり干渉しちゃってますね



開脚と接地はこのぐらい
開脚はかなり優秀なんですが、保持力がちょっと厳しいかも




膝や足首、脚の前後も結構可動
腰はともかく
下半身の可動自体は時代を考えるとかなり優秀だと思います


更に足首はシャイニングガンダムまんまなので変形システムが生きていて
足首を伸ばして接地をあげることが可能に
素晴らしい

可動範囲を紹介し終えたところでブンドド









ウン・・イイ!
ヒロイン機体とは思えぬほどカッコイイです
ただやっぱ素組みだと若干股関節が緩いのが気になるかも
ちょっと弄るだけでも大分遊びやすくなると思います




ということで 1/100 HG ライジングガンダム でした〜
ヒロイン機体でありながら初期主役機体の流用キットなので普通にカッコイイ上
出来もかなり上位の部類に入るキットだと思います
値段も今考えると破格なんで、かなりおススメです
MGが出る気配も皆無ですし気になったら是非w


ノーベルのMGが出たら一緒に並べてあげたいけどまず出ないよね・・・
できればアレンビーのスーツ姿フィギュア付でw

そういや最近1/20のフィギュアついてるMGってしばらく出てないような

以前のレビュー品はこちら