1/144 ザクマインレイヤー


今回はMSVシリーズより 1/144 ザクマインレイヤー をレビューしたいと思います
割と評判の良いキットみたいですが実際のところどうなのか
早速見ていきましょう



まずはパッケージ





漢は背中で語る感じのデザインになってます

お値段は税抜き400円で当時の144としては平均的な価格
パッケージサイズは1stシリーズの144と同じぐらいでした






ランナーです
単色ですがパーツ割自体はかなり細かめ
MSVらしくデカールも付属、今回も例のごとく使いませんが





説明書には機体設定が結構細かく書かれてます

このキットは接着が必要になりますので別途接着剤を用意してください
その他は説明書どおり組めば今のキットと同じように完成です





ということで完成〜
組み立て時間は1時間ちょいでした
プロポーションは当時のザクって感じですね〜
色分は・・ウン頑張りましょう



機雷散布ポッドはかなり多くのパーツで再現されてます
このボリュームで通常ザクより100円UPで済むってのは素晴らしい


また普通のザクにも組めるようにノーマルタイプのランドセルも付属
実質ver2みたいなキットだったんですねコレ
隊長機用の角もついてました、至れり尽くせりかと思いきや

残念なことにこのキットには武器が付属していません・・・
せめてヒートホークぐらい付けてくれても


続いて可動範囲




肩は左右ともかなり開けます

更に



ショルダーアーマーやシールドも別パーツで可動
1stシリーズのザクと比較すると凄く進歩してます




MSVシリーズらしく腕の前後可動も可能




肘はこのぐらい




首は可動軸はあるんですが
機雷散布ポッド仕様で作る場合、頭部の動力パイプを接着しなければならないので
殆ど動かなくなっちゃいます、ここはちょっと不満ポイントかも
ノーマル仕様の場合は上下左右に動いてくれるんで可動重視の人はノーマル仕様のほうがいいかも




開脚と接地はこのぐらい
こっちはデザイン的にどうしようも無い気がしますね


脚の前後や膝はこんな感じ
ここもやっぱデザイン的に厳しいか・・

上半身は結構優秀ですが下半身は時代なりな感じです
とりあえずぶんどど









やっぱ武器が無いから締まらないw
悪いキットじゃ無いんですが



ということで 1/144 ザクマインレイヤー でした

武器が無いのがちょっと残念ですが当時の平均以上は可動しますしプロポーションもそこそこ
肩アーマーやシールドの別パーツ化なども色々と考えられてて面白いキットだと思いました
ボリュームの割りには値段もリーズナブルなんでおススメです

なにより1stのザクから100円UPしただけで
これだけのクオリティってのは素晴らしいと思います
同時に買って比較してみると進歩っぷりが実感できて面白いかも


以前のレビュー品はこちら