HGUC ガンキャノン


今回は久々に新キット
HGでリメイクされたリヴァイブなガンキャノンです

軽くレビュー

まずはパッケージ


初代HGUCガンキャノンと同じぐらいのサイズです
お値段は初代が税抜き800円に対して1200円と5割増しに
ただ、1200円でも最近のキットにしては大分リーズナブルですね






ランナーです、多色成型はつかわれていませんが
普通の色分けのシールは付いてないので組み立てるだけで十分色分けされるみたいです

成型色は5色と多めで、旧HGではシール再現だったバイザーはクリアパーツになっていました

ABSは使われておらず、関節は例の柔らかプラ
ポリキャップはAGPで良く採用されてるものですね





説明書です
こちらは旧HGと比較してもあまり変わってないかも


新しいキットなんで説明書どおり組んでくだけで完成






組み立て時間は1時間30ぐらいでした
最新キットらしくサクサク組めると思います
プロポーションはかなりスタイリッシュな感じで好みが分かれそうですが
平成世代としてはこっちのほうがカッコイイと思いますw
色分はほぼ完璧、サイドの黄色ぐらいですかね、足りないのは

合わせ目やゲート位置も極力目立たないようにできています・・凄い



付属品はライフルと平手
旧HGと違いライフルのサイト部分の黄色もきちんとパーツ分けされています


可動範囲

キャノン砲は上下に可動



肩の開きはこのぐらい
肩アーマーは動きに合わせて可動します、旧HGとは逆のほうが可動するようになってるのが面白いですよね




肩は前後にも可動可能



接続基部はボールジョイントなんで
肩位置はある程度調整できたりします
ただちょっと無茶すると抜けやすいかも




肘は二重関節でここまで可動
こちらもデザインは賛否ありそうですが可動自体はかなり優秀です




腰は二箇所のボールジョイントでここまで可動




首は本体側にも可動軸があり、かなり上を向いたポーズが自然に構えられます




開脚と接地はこんな感じ


開脚は腰アーマーのデザイン的に後ろ側が若干干渉しちゃうんですが
うまく逃がせばここまで開けます
足首の左右の接地はあまり良く無いかも



前後方向はこんな感じで可動してくれるのでかなり優秀



膝も二重関節で余裕で膝立ち可能・・・
マジで可動範囲は半端無いです、このキット



ぶんどど














こんだけ動くと弄ってて本当に楽しい



ということで HGでリメイクされたリヴァイブなガンキャノンでした
やたらスタイリッシュなデザインや関節の表現は賛否が分かれるかもしれませんが

組み立て易さや可動範囲は素晴らしいですし
なによりHGクラスで合わせ目やゲート跡まで殆ど気にならなくなるとか、旧キットを組んだ後に組むと感動すること必至ですw
お値段も最近のキットとしては比較的リーズナブルなんで個人的にはかなりおススメキットですね
いまから月末のガンダムも楽しみです



おまけ


ネタポーズも結構決まるのですw
コサックダンスで自立するとは思わなかった・・



ゴゴゴゴ・・・




うわっ…私の年収、低(ry

この手首がこれにしか見えなかった自分は末期w

以前のレビュー品はこちら