1/144 ザクタンク



今回はMSVシリーズより
見た目的には結構キワモノなザクタンクをレビューしたいと思います
見た目どおりのキットなのかそれとも良キットなのか
早速見ていきましょう


まずはパッケージ



何かMSVらしくないデザイン
どうやら自分はMSVシリーズじゃなくてZシリーズのパッケージ版を買ってしまったみたいです
確かパッケージが違うだけで中身は一緒だったかと・・
お値段は税抜きで600円と当時の144キットとしてはちょっとお高めなのかな




ランナーです
パーツは今の眼で見ても凄く多い気がします
成型色は一色のみですが、デザイン的に単色でも違和感無さそうな気もします
キャタピラ部分はゴムパーツで再現されている模様





説明書です
MSVとZシリーズで違うのかはちょっと判断しかねますが
とりあえず機体解説がかかれてます


このキットは接着が必要なので別途接着剤をご用意ください
他の部分は今のキットと同じように説明書どおり組んでいけば完成です





ということで完成!
組み立て時間は2時間近かったと思います
プロポーション・・・良いんじゃないでしょうか・・
実際こんなんが走ってくるだけでも戦慄を覚えると思いますw

色分は単色ですが黒鉄色だけあれば感嘆に設定カラーを再現できそうです





各部の造形・・おもにマゼラベースの部分なんですが
かなり細かい造形となってます


キャタピラはゴムパーツで再現で
画像じゃ分かり辛いですが、組んでしまうと見えなくなる車輪部分もわざわざ全部別パーツになってます
なんか後半からガンプラじゃなくてスケモを組んでるような感覚に



付属品
バックパックと換装できる作業用クレーンパーツ



同スケールのジオン兵はご自由にお使いくださいと書いてあったので
クレーンの作業場に接着してみました
流石にRG付属のパイロットフィギュアほどではありませんが時代を考えると十分精密





クレーンは結構可動します



続いて本体の可動範囲


肩はここまで
あまり可動範囲は広くないかも


MSV時代らしく肩の前後可動も可能




肘部分は前後に90度程度まで動いてくれます






特徴的な作業用ハンドは基部で開閉、回転が可能
腕には普通にロール軸もあるので可動の自由度はかなり高いです




さらにこの時代としてはめずらしく頭の上下も可動
上半身はかなり優秀みたいです



さらに腰部分でかなり前後に可動



ついでに可動にまったく関係ないサイドアーマーも可動するようになってます
凄い・・・



続いて下半身w

ベース部分で回転が可能
腰の前後可動とあわせると素晴らしく自由度が高いと思います




さらに前面の機銃は若干ですが上下左右に可動します

デザイン的に動きそうな箇所はほぼ動くみたいですね、このキット・・

とりあえずぶんどど











スタイリッシュなカッコよさは無いんですが
泥臭い実用性のかっこよさを感じますw



ということで 1/144 ザクタンク でした〜
見た目的にはキワモノですがキット自体はかなり気合の入ったもので
今の眼で見ても十分通用する良キットだと思います
値段の割りにギミックも豊富ですしおススメですよ

というか組んでる途中からガンプラだと思えず
戦車のスケモを組んでるんじゃないかと不思議感覚を味わえるとても面白いキットなので
そのへんが気になる方も是非w


おまけ

とりあえず近くにあったMSV品と
整備用メカとしてザクタンクは非常に利にかなった仕様だと個人的には思います



以前のレビュー品はこちら