1/100 HG  ガンダムナタク


久久の旧キットレビュー
本日はウイングガンダムEWよりアルトロンガンダムカスタム・・もとい
ガンダムナタクの 1/100 HG キットをレビューしたいと思います

サンドロックやヘビーアームズは中々良い出来でしたがコイツはどうでしょうか
早速見ていきましょう


まずはパッケージ




当時の平均的なHGのサイズ
お値段は税抜きで1800円と他の4体より若干お安めにまってます





説明書は冊子タイプ
劇中設定や解説が書かれてます






ランナーです
多色成型で成型色自体は結構多めですが
シールも結構多め、元が結構複雑なのと
一部ランナーがTVシリーズのシェンロンやアルトロンと共通になってるのがいけないのかな
微妙に安い理由はランナー流用したからですかね
また、おまけとして五飛のフィギュアが付属

このキットはスナップフィットなので今のキットと同じように接着剤不要で完成します

ということで完成




組み立て時間は1時間40ほどでした
流用部分がどんな感じになるか気になったんですが
プロポーションは悪くないです、普通にカッコイイ
色分は・・大まかには分かれてるんですが細かい部分はかなりシールに頼ってる印象です



付属品はツインビームトライデント
TV版のアルトロンでは確かクリアパーツじゃ無かった気がしますが、こちらではきちんとクリアパーツになっています

可動範囲

肩はここまで開きます



肘はポリ丸見えですがここまで可動
ドラゴンハングは下腕側についてるので可動を妨げることはありません
ただ結構重たいんで保持力は不安ですね




ドラゴンハングはこんな感じで展開可能
赤いパーツの節にそれぞれ軸があって可動してくれますが
基本的にプラ接続のため、こちらも保持力が暫くしたら不安になりそうです
とりあえず組んだ時点では問題ありませんでしたが



爪もこんな感じで開閉可能
ただこっちも可動部はポリ接続です



手首はこの時代恒例の可動指タイプ



腰は干渉しないんで360度まで動かせます



開脚と接地はこんな感じ


膝や脚の前後はこんな感じ



足首はつま先が独立可動してくれます

下半身は基本的にはシェンロンのパーツなのでほぼ同じ可動範囲になりますね
時代を考えると平均的ですが今見るとちょっと厳しいかも



ぶんどど












ドラゴンハングは面白いんですが
やっぱ保持が厳しいですね〜
下半身がもうちょい動いてくれれば良かったかな



ということで 1/100 HG  ガンダムナタク でした〜
時代を考えれば可動、色分けは平均的ですが
プロポーションやギミックは今見ても通用するキットだと思います
またお値段が他の4体に比べてリーズナブルなのも良いですよね
なにげにTV版のアルトロンと値段変わらないんで五飛フィギュア分はお得ですw
五飛好きなら是非!


以前のレビュー品はこちら