1/100 HG ゴッドガンダム


今日は旧キットの 1/100 バーニングガンダムもとい
Gガンダムをレビューしようと思います

まずはパッケージ




当時の平均的な1/100サイズ
お値段も平均的な税抜き1500円
HGFCより安いのに時代を感じます





ランナーです
パーツ割はかなりこまかめ
多色成型で成型色は全部で7色!
色分はかなり期待出来そうです


ホイルシールの他に胸の紋章再現用のジュエルシールが付属しますが
残念ながら紋章は浮かび上がりません





説明書は冊子タイプで劇中設定等が結構書かれてます

このキットはスナップフィットなので今のキットと同じように
ニッパーだけあれば完成します

ということで完成



組み立て時間は1時間30ほどでした
結構サクサク組み立てられると思います
プロポーションはかなり良いですね
設定画のマッシブさが上手く再現されてると思います
色分けもこのままでも十分



付属品です
ゴッドスラッシュ、およびゴッドフィンガー用手首
ハイパーモード再現用、マシンキャノン展開用のパーツが付属します
ギミック再現は結構差し替えが多い印象ですね
あとゴッドフィンガー用の手首は指が5本分かれてるタイプになっちゃってます
ここは設計時期的に仕方ないのかな




マシンキャノンはこんな感じで差し替え展開



脛のスラスターと手甲カバー、気発生用フィールドのみ差し替えなしで再現可能
胸のマルチプライヤーは専用パーツに差し替えになっちゃいます
そして固体差なのかわかんないけど滅茶苦茶固定が緩くて軽くストレスw
この辺は時代を感じますね




コアランダーは分離可能



きちんと差し替えなしで変形
キャノピーもクリアパーツで素組み状態でも見た目がいいです


続いて可動範囲

肩はこのぐらい開けます



また接続部がボールジョイントのため
多少は前後に可動可能



肘は二重関節でここまで動きます


手首はこの時代恒例の保持力が残念な可動指
ゴッドの場合はスラッシュぐらいしか持たないから特に問題は無いですかね



腰はこの程度まで回転可能



開脚と接地はこんな感じ
時代を考えるとかなり優秀だと思います



脚の前後はこんな感じ
全体通してみても結構動きそうな感じですね
流石MF

つーことでぶんどど








流石に可動範囲は今の最新キットと比較すると厳しいものはありますが
時代を缶上げると、今見ても全然通用する気がします・・・



ということで1/100 HG ゴッドガンダム でした
ギミックの再現に差し替えを多用してるところ
ゴッドフィンガー用の手首、紋章のないジュエルシールなど
ちょっと気になる部分もありますが
時代を考えて全体通してみると中々良くできたキットだと思います
何より安いのが嬉しいですよね

HGFCより安いんで一緒に買って並べてあげるといいかもしれませんw





当時ものの在庫が無い・・・・結構売れてるんですかね
以前のレビュー品はこちら