ミニプラ シュリケンジン


忍ぶどころか暴れるぜ!
ということで今年の一号ロボのミニプラをレビューしたいと思います!





今回も去年と同じ全5種類
ビュンマルのみ分割販売ですが列車タイプなので違和感無いですね
各種のボリューム的にはうまいこと分かれてると思います


箱裏はそれぞれ共通でした


お値段はちょっと値上がりして各350円
其の分シールはメタリック調のものになってます
一号ロボからこれは嬉しいんですが、次から普通のシールに戻りそうでちょっと不安


1、シノビマル



説明書はいつもの箱裏
ランナーは二枚で成型色は二色


完成
脛のシールが見えないのは忍タリティが足りないからって事にしといてくださいw
ここのシールは非常に剥がれ易いので扱いには注意ですね




成型色とシールで結構色分けされますが
可動は変形用の関節しかないもんだと思ったほうが良いです


シュリケンジンドラゴ時の肘関節を使えばこのぐらいのポージングは可能ですが
働いたら負けかな・・・って言ってそうなシノビマルにしか見えませんw

劇中じゃめっちゃアグレッシブに動いてるだけにちょっと残念ですが
値段を考えれば妥当かな



またシノビマルとドラゴマルにはオトモニン手裏剣が付属




2、ドラゴマル



箱裏説明書とランナー
こちらもランナーは二枚で成型色は二色


ドラゴマル




可動は羽が動くのと
こちらも変形関節がちょっと動くぐらいです


オトモニン手裏剣
シュリケンジンの顔シールがおまけについてくるのですが
シュリケンジンドラゴ時に思いっきり目立つので今回は貼ってません

設定上仕方無いんですが赤と青だけ恵まれてますよねw



3、ダンプマル



箱裏説明書とランナー
今回のラインナップではボリュームは一番かもしれません


ダンプマル・・・オトモなのにダンプとは一体・・・
とか思ってたら元々宇宙人の技術で作ったとかトンでも設定が劇中で判明
もう色々と突っ込んだほうが負けな気がしますw




ダミーが多い近年のミニプラにしては珍しくタイヤが回ってコロ走行が可能


バケット部のアームも可動
何気に一番遊び勝手が良いんで赤や青より早く店頭から消えそうな気がします


4、ワンマル+ビュンマルA



箱裏説明書



ワンマルだけだと流石にボリューム不足だと感じたのか


ビュンマルAとセットになってます



ワンマル単品で

首はボールジョイントでグリグリ可動
ただ脚は左右で繋がってるので合体用の可動しかできません


シノビマルと比較するとこのぐらいの大きさ
余りそうな感じですがモノとしては悪く無いです
きっと犬好きが・・


5、ビュンマルB



箱裏説明書



ビュンマルの先頭部になります
メタリックシールの恩恵を一番受けてるのがコレですね
個人的に気にいったのがシールの分割、今までより格段に貼りやすくなってます



ビュンマルAとドッキング
長いw



ワンちゃんもちゃんと乗れますw




全種集まったところで
ワッショイ!ニンジャ!

手裏剣合体!




シュリケンジン!
成型色とメタリックシールのおかげで素組み状態でもかなり見た目は良いです
でもニンジャには見えないw






さらに設定通りシノビマルとドラゴマルを入れ替えることで




シュリケンジンドラゴ!
基本的には腕が入れ替わっただけなのに結構見た目が違うってのが面白いですよね



ドラゴは口の開閉が可能です



そしてミニプラ好きには一番気になる可動範囲いってみましょうか
とりあえず普通のシュリケンジン状態で



左肩はこんな感じで二軸で開けます



右肩はこんな感じ
両肩とも開く可動はかなりのものですね





肘は左右で可動範囲がかなり違います
ダンプマルのほうはほぼ180度まで動いてくれて更に手首回転が可能
左右と腕のロールが無いので手首回転は非常に有り難いです


腰はダンプのバケットを逃がしてやれば360度回転可能


下半身は基本的にトッキュウオーとかと同じ可動域


開脚は軸関節なんでここまで可動
ただ足首は前後しかないため接地は厳しいかな



ぶんどど















普通にカッコええ
基本的には結構動いてくれます、これは良いモノだ



ということで ミニプラ シュリケンジン でした
お値段350円で全5種類と去年から250円ほど値上がりしてますが
ボリュームや内容的には納得できるものでした
分割もまだ節度あるものなので、一応どれを買っても遊べることは遊べるので小さい子にも優しいですし
大きいお友達的に重要な可動も腕のロール軸が無いのが気になるぐらいで基本的には例年ばりに動いてくれますので、かなりおススメですよ

個人的にメタリック調のシールはかなり気に入ったんですが
2号ロボ以降も続いてくれるのかどうかがちょっと不安かな・・・・しかしブラギオーじゃまったくメタリックが嬉しく無かったのに何の違いなんだろうか自分でも謎です




おまけ


去年の一号ロボと
正面から見るとそこまでボリューム違わないんですが
横から見ると結構違います
シール分ぬいても250円の差って結構でかいんですね〜



忍ぶどころか、輝くぜ!
って文言で此の方を思い出したのは自分だけでしょうかw
きっとシュリケンジンも忍タリティを高めれば黄金に(ry


以前のレビュー品はこちら