1/144 ガズR/L


今日はZZガンダムシリーズから
旧キットのガズアルガズエルをレビューしようと思います
コンパチ仕様になってるキットなので好きなほうに組みましょう
といっても肩を左右入れ替えるだけですがw


キット自体はZ時代のガルバルディのリデコ品みたいですね
さっそく細かく見ていきましょう

まずはパッケージ



Z時代の平均的なサイズですかね
パッケージには二体描かれてますが
キットの中身は一体のみです、右下にも選択式の注意書きが

お値段は税抜き600円
ZZシリーズとしては安い部類に入りますね





ランナーです
パーツは結構細かめ、成型色は白とグレー二色のみ
色分は期待できなさそうですが塗装する分には薄い成型色のほうが有り難いですよね
コンパチじゃなかったら成型色が変わってたかも


デカールも付属
今回も例のごとく貼ってません
というかこれも当時品なんで多分駄目になってるかな


また軟質素材のチューブが別途付属
・・・細い上、凄く紛らわしい入り方してるんで危うく捨てるとこでした
皆さんも説明書は良く確認してから作りましょうw




説明書です
劇中設定やらなんやらが割りと細かくかかれてたりします


このキットは接着が必要なんで別途接着剤を用意してください
他は今のキットと同様説明書どおり組めば完成します





ということで完成
画像はガズエルです
プロポーションは中々良いと思います
組み立て時間は1時間ちょいでした
色分は・・コンパチキットだから仕方無いですね
パーツ割的には塗装はしやすそうです



細かいスラスターなんかも別パーツが多くて
ちょっと感動

スカート内部なんかのモールドもしっかりしてます




画像はガズアル
色分けを気にしなければ基本的に肩パーツを入れ替えるだけなので
組み立てた後も簡単に変更可能です



まぁ同じですよねw
首まわりのチューブが良い味だしてます

またコクピットハッチは開閉選択式で接着するようになってます
こっちは組み立て後に弄れないんで注意
今回は閉めた状態で組んでます





この時代にしては珍しくサーベルラックが可動
さらにサーベル基部の取り外しもできるようになってます




付属武装
ライフルにサーベル


両刃にできる接続パーツが付属
この時代からあったんだ・・・・とか思ったけどゲルググナギナタも似たようなもんでしたねw

あと基本的にガルバルディのリデコの恩恵で
そっちのバックパックやシールドも付いてきてたりしますが
説明書で使わない部品扱いされてるので割愛します


続いて可動範囲


肩はここまで開きます
左右で同じぐらいなんで組み替えても大して問題なさそうです



肘はこんな感じ
時代なり・・ですかね




手首はなんと可動指
ZZシリーズのフォーマットにあわせたみたいです
ただやっぱ造形と保持力がw




Z時代のキットなので当然肩の前後可動も可能



開脚と接地はこのぐらい
結構良く動いてる気がします


足の前後は・・ちょっと厳しいか

それでも全体通してみれば時代の平均以上は動いてくれるキットかと



ブンドド










普通にカッコイイ気がします
メッキにしてあげれば今見てもイケそうw


ということで 1/144 ガズR/L でした
個人的な感想ですがZZシリーズの144キットってハズレのほうが多かった印象
さらにリデコでコンパチ・・ってな感じでこのキット・・正直全く期待してなかったので
いい意味で裏切られました
プロポーションも良いですし、リデコの恩恵で付属品も豊富、色分はコンパチ仕様上仕方無いですが
塗装する分にも成型色も良く考えられてると思います、可動も時代なりに動きますし

ZZシリーズの中では結構おススメできるキットです

値段も当時のキットとしては安いほうなので二体買って塗装の練習代にするってのも良いかも



以前のレビュー品はこちら