MSS シールドライガー組み立て記 その2


今日は胴体を一気に組みました
しかし組めば尚更良く分かりますが
ホント良く出来てるわコレ・・

胴体のパーツはこんな感じ




こまけぇ・・・ガンプラでいうRG並みの細かさだと思います
なにげにスケールも1/144で共通だったり



とりあえず一番前の胴体ユニットだけだとこんな感じ
胴体は3つのユニットに分かれてて、それぞれボールジョイントで接続することによって可動するみたいです
可動箇所はほぼ全てポリキャップになってるのも芸コマ






全部組むとコンナ感じに

パイプとかは塗装済みで
マーキングもタンポ印刷で再現されているので、組み立てただけでも相当の完成度です
小スケールなのもあいまって実際組むと写真以上の精密感が
箱で見る印象と全然違います





接続部の可動は表情付けにかなり役立ちそうです



シールドライガーの武器展開ギミックも全部差し替えなしで再現
・・・マジパネェ・・
これは凄い

とりあえず今日はここまで、意外にというか実際組んでみてメッチャ気に入ったので
他の機体も買ってみようと思います

以前のレビュー品はこちら