1/100 ハイザック


今回の旧キットレビューはZガンダムシリーズより 1/100 ハイザックです
割と色んな人からおススメだと言われていた旧キットですが実際のところ
どうなのか早速見ていきましょう


まずはパッケージ




最近あまり見ない細長いタイプです
お値段は税抜き1200円
今の1/100キットとしてはかなりリーズナブルですが当時としては平均価格かな




ランナーです
成型色は軟質のポリキャップを含めれば全部で4色
パーツ割は今の目で見てもかなり細かめで色分けも期待できそうです


デカールと接着剤も付属してました・・当時品かな
今のキットだと接着剤は付属してないと思います、デカールはモノアイだけ貼ろうかと思ったんですが
完全に駄目になってたので潔く諦めましたw




説明書には劇中設定等が結構書かれてます、MGの解説のはしりみたいな奴ですね

このキットは接着剤が付属してることからも御分かりのとおり
今のキットと違って接着が必要です、別途接着剤をお買い求めください
その他は今のキットと同様説明書どおりに組んでいけば完成します


ということで完成



組み立て時間は2時間30ぐらいでした
パーツ割が時代のわりに恐ろしく細かいので最近のMGなみに時間がかかるキットです
そして組み辛いw
腕と胴体のパイプとかはかなり神経使いますねw

しかし其の分色分けは今の目でみても素組みで十分な感じです・・凄い
プロポーションは最近のスマート体型に比べると太い感じですが個人的にはザクらしく無骨で良いと思います




各部のパイプはポリキャップと同じ軟質素材
質感は良い感じですが劣化すると千切れそうな気がしないでも無いですw


付属武装
マシンガン、ヒートホーク、シールドの基本装備
マシンガンのフォアグリップは可動します



毎回汚名挽回してる1/48スケールのこの方も付属



続いて可動範囲


肩はこのぐらい開きます、ザクとしては結構優秀
擬似フレームみたいのがあるので見た目も悪くありません



肘は90度いかないぐらい
手首側にも軸があるので実角度以上に動いているように見えます




手首は5本の指が全て軸可動するタイプ
キラッ☆とかも可能ですがやはり保持力がネックw


また腕にはロール軸があるのですが軟質パーツが干渉しちゃって思うようには動かせません
ある程度は動くんですが、ここはちょっと残念かな



この時代のキットなんで当然肩前後の可動も可能




バックパックも色んなとこが可動します・・・・上半身だけ見ても凄い気合の入ったキットだと分かりますね・・


続いて下半身の可動範囲



開脚と接地はこんな感じ

接地は時代なりですが開脚は ふぁっ!? ってなるぐらい開脚してくれます
ちょっと前のボールジョイントより全然優秀、MGのネモなんかよりしっかり開けますw


脚や膝の前後はこんな感じでここは余り可動範囲は広くないですね




しかし脚の付け根および足首にもロール軸があるので八の字立ちはしっかり決まります




さらに足首は前後分割で今のキットみたく可動します・・・


しかも足裏までしっかり再現・・・
上半身も凄かったけど下半身も今のキットと比較しても遜色無いぐらい気合はいってますね
色んな方が薦める訳だ・・


ぶんどど












ハイザックって個人的に結構キワモノなイメージだったんですが
全然そんなことなく普通にカッコイイですね
つーか素組みでこれって当時のバンダイは化け物かっ




ということで 1/100 ハイザック でした
いや、もうなんていうか本当に凄いですね、このキット
多くの方が絶賛しているのがよく分かりました

素組みで色分けも十分ですし、可動箇所も下手したら今のキットより多かったり
そして何より値段が安い!この値段でこの出来はマジでおススメですよ


おまけ

久久にMGを引っ張りだしてきたけど
こんなに細かったんですね、ハイザックのほうが強そうというかザクらしい気がします


合わせ目消すだけでもMGネモと並べといても違和感無さそう
やっぱ凄いキットですねコレ


以前のレビュー品はこちら