HGBF ハイモック


この価格でこれは素晴らしい・・・

ってことで発売日から大分経ってますがハイモックのレビューをしたいと思います

本編でもパチモン扱いだったコイツですがキット自体はかなり良いモノです
早速見ていきましょう

まずはパッケージ




うっすいw
最近のHGキットにしてはかなり薄めのサイズです
お値段は税抜き800円とかなりリーズナブル
HGとしては最安値のキットに近いです



説明書には劇中設定が色々と
ここだけみてもかなり汎用性が高いのが見て取れます



ランナーは3枚
1枚はポリキャップで、最近のキットとしては珍しく例の新素材が使われていません
ポリキャップはOO時代によく使われてたモノですね

パーツ数はそこそこ多め

成型色自体は2色で残念な感じですが、キットの特性上問題ないというか
逆に塗装しやすくて良いと思います






完成
組み立て時間は40分ほどでした
サクサク組めるんでHGの入門キットとしてもおススメです

プロポーション・・もともと人型からちょっと離れてる感じですが
パチモンらしさが良く出てるというか・・・

・・・むせる

感じで肩を赤く塗りたくなるようなイメージ





徹底的に低価格に拘ったため付属品は少なめ
別売の1/100シリーズのキットの手首が使えるようになるジョイント
武器のみ





本体にはいろんな箇所に3mm軸ジョイント
かなり俺改造が捗りそうですw




可動範囲

肩の開きはこのぐらい



肘はこのぐらい




肩の基部は前後上下とグリグリ動きます
OO時代のポリキャップは今見ても全然優秀ですね
保持力も例の新素材ほど不安を感じないのが個人的には嬉しい所





腰も捻ったり前後可動が可能になってます


続いて下半身


開脚はちょっと残念な感じかも
腰パーツに干渉しちゃってます
足首は2軸になっていて接地はかなり良さそうですが

そもそもそこまで股関節が・・



変わりといっては何でしょうが
足のロール可動が可能なのでコマネチポーズとかは取りやすくなってますw



膝や脚の前後はこんな感じで、こっちもそこそこ優秀
股関節だけは悔やまれますね


ぶんどど







・・・・
ウン、カッコよくは無いw
けど弄ってて無限の可能性を感じますw



ということで HGBF ハイモック でした
何といってもこのキットの目玉は税抜き800円というバリュープライスでしょう

可動もそこそこ優秀ですし、全身の3mmジョイントは物凄く拡張性が高く
初心者さんにも玄人さんにもおススメできるキットだと思います

この値段なら劇中見たく大量に量産してもいいかもw






・・・HGUCズゴックやジムのほうが安いって異論は認めますw
昔は色々と安かったですよね・・遠い目


おまけ


とりあえずライトニングさんから強奪

劇中でやったら空中分解しそうですが
キットだと本来の持ち主よりカッチリしてるという皮肉w

以前のレビュー品はこちら