レジェンドBB 武者飛駆鳥

昨日ちょっと更新しましたが、写真撮り終わったので


今回はレジェンドBB最新弾 
武者飛駆鳥 のレビューをしたいと思います

細かく見ていきましょう

まずはパッケージ




いつものレジェンドBBサイズ
パッケージデザインのポーズは敢えて旧キットと似た感じにしてるそうです
お値段は税抜きで1200円・・・ボリューム的には安いんですが・・・






ランナーです
ポリキャップは最近のBB戦士の標準品

多色成型はありませんが成型色自体はメッキあわせると7色とそれなり
しかしシールは結構多めです

また旧キットではメッキだったメタルガルーダのランナーが黄土色になってしまっています
ここは残念ポイントですね


ここでは個人的にメッキ加工したモノで紹介したいと思います




説明書はこんな感じ




組み立て自体は最近のBB戦士らしくタッチゲート仕様なので工具すら不要で完成します
ということで完成




プロポーションはレジェンドBBらしく、かなり良いです
色分は基本的には成型色とシールで十分なんですが

シールによる色分けがレジェンドBBとは思えないぐらい多めなので
今までのクオリティを期待してるとちょっと残念な気持ちになります
一昔前の分割レベルで塗装派は結構苦労しそうです




軽装タイプ
頭に謎の取り付け穴が・・・イッタイナニニツカウンダロウナー・・・れっこ・・


また写真だと腕アーマーは取り外してますが
実際は取り外さないのが正解です
ここもちょっと色分け残念ですよね





レジェンドBBらしく目の入れ替えギミックが顕在
可動はポリが共通なので今までのBBと殆ど同じ感じですかね



続いて鉄鋼迦楼羅と書いてメタルガルーダさん







単体でもかなりのボリュームです
旧キットにあったミサイル発射ギミックとかは流石にオミット




胴体部分に3mm穴があるのでスタンド使用も可能

また羽部分には飛駆鳥の羽のクリアパーツが接続可能です
写真忘れた・・・


天来変幻!




金色の羽衣装着状態です
1200円のキットとは思えないボリュームでメッチャカッコイイ
ただ、このボリュームを再現するため結構な箇所が犠牲になった気がしないでも無いですw



流石にこの形態だと可動が制限されるかと思いきや
キャノンが干渉する以外は殆ど武者形態と変わらないです
流石最新キット



ぶんどど










やっぱ自分の子供時代の商品のリメイクって良いですよね・・
カッコイイ・・せっかくなんで他の超将軍も出してくれないかな



ということで レジェンドBB 武者飛駆鳥 でした
何といっても、この値段でこのボリュームってのが一番のポイントだと思います
ギミックもしっかり再現されていて可動もレジェンドBBらしく優秀ですし
個人的には思い出補正もありますが結構おススメです

ただ安価な分、黄土色のメタルガルーダやレジェンドBBらしからぬシールの多さ等
色々と犠牲になってる箇所もあるので、人によっては評価が分かれそうです

もう少し高くしてメッキ、色分けをしっかりしてくれれば尚良かったんですが
色分はともかく、メッキは絶対プレバン行きにするためじゃないかと邪推しちゃいます




おまけ

弟と
やっぱ色分け自体は後発の兄者のほうが劣化してる気がします


弟と並べるなら時代的にはこっちの姿ですかね
この当時は500円キットでも結構メッキ多めだったんだよなあ




旧キットと
久久に引っ張りだしたんですがこんな寸詰まりだったっけ・・?思い出補正ってデカイですねw

しかしメッキは無いにしろ、このボリュームの差で200円しか違わないってのが無茶だったのかも
ウイング部にいたっては旧キットのほうがきちんと分割されてりしますし
やっぱもうちょっと高くしていいからキチンと色分けしてほしかったな



歴代飛駆鳥さん大集合
大将軍は置くスペースが確保できないので作れずに5年ぐらい経過してます・・・


最後に親父殿と
こちらも置くスペースが(ry

以前のレビュー品はこちら